債務整理後に車を残すことができるかは自動車ローンがあるかで違ってくる!

債務整理自動車ローン

 

債務整理をする際に気になるのが車がどのように取り扱われるかということではないでしょうか。

 

 

都心に住んでいる場合には、債務整理で車が引き上げられたとしても公共の交通機関が発達しているので、そこまで大きな影響はないと感じるかもしれないですが、田舎だとかなり大きな問題です。

 

債務整理によって車を引き上げられたり、その後自動車ローンを新規で組めないようなことになってしまうと、しばらくは車が実質的に所有できないことになってしまうのでかなり大きな問題です。

 

しかし、すべての債務整理方法が車を所有できなくなるというわけではなく、車については、自動車ローンが残っているかというのはもちろんですが、債務整理方法によって車を残せるかどうかが大きく違ってくるということを知っておきましょう。

 

まずは債務整理方法ごとに自動車ローンがある場合と、自動車ローンがない場合とで比較してみようと思います。

任意整理では自動車ローンがあっても車を残すことができるのか?

任意整理自動車ローン

 

任意整理の場合には自動車ローンがある場合も、自動車ローンがない場合でも車を残せる可能性があります。

 

任意整理は裁判所を通さずに行える債務整理方法なので、ある程度の融通を利かせて債務整理することができるので、かなり使い勝手のいい債務整理方法になります。

 

自動車ローンがない場合の任意整理について

 

自動車ローンがない場合には、任意整理したとしても車が引き上げられることはないです。

 

債務整理すると何となく資産が没収されるイメージがありますが、任意整理の場合には債務整理しても資産が没収されることはないので、債務整理後もローンの支払が終わった車は所有することができます。

 

自動車ローンがある場合の任意整理について

 

自動車ローンがある場合には、任意整理の対象に自動車ローンを含めるかどうかによって状況が違ってきます。

 

自動車ローンを任意整理の対象に含めてしまうと、自動車ローンも債務整理されることになるので車がローン会社に引き上げられてしまいます

 

しかし任意整理の場合には債務整理対象を選べるので、自動車ローンを債務整理対象にしなければ、そのままローンを返済することになりますが、車を引き続き所有することができます。

 

任意整理の場合には、自動車ローンが残っていても残ってなくても車をそのまま残せる手段があるので、車の所有についてはそこまで心配する必要はないです。

 

車を残して任意整理する場合にはあらかじめ弁護士に、自動車ローンを債務整理対象から外すように相談しておきましょう。

 

個人再生では自動車ローンがあっても車を残すことができるのか?

個人再生自動車ローン

 

個人再生は裁判所を通して行う債務整理なので任意整理のように車を残す条件が緩いとは思わないほうがいいと思います。

 

ただ個人再生の場合には住宅ローンを支払っている持ち家については残すことができる制度があるので、状況によってはかなり使いやすい債務整理方法です。

 

実際に借金の減額幅は任意整理よりも圧倒的に優れているので、車を残す場合でも状況によっては選択する価値は十分にあると思います。

 

自動車ローンがない場合の個人再生について

 

自動車ローンがない場合なら、個人再生をしても車に影響はないのでそのまま車を残すことができます

 

個人再生の場合は、裁判所を通して行う債務整理方法なので、資産が没収されるのではないかと心配する人もいますが、個人再生の場合には自動車ローンが支払い終わっていれば債務整理に影響されることはないです。

 

ただ個人再生は資産の額によって、借金の減額幅が違ってくるので、保有している車の金額が大きくなると借金の減額幅が小さくなってしまう可能性があります。

 

自動車ローンがある場合の個人再生について

 

自動車ローンがある場合の個人再生の場合には注意が必要です。

 

個人再生は基本的にすべての借金が債務整理対象になってしまうので、自動車ローンも他の借金と同様に債務整理されてしまいます。

 

自動車ローンが債務整理されてしまったら、当然ですが借金が踏み倒されることになるので車がローン会社に引き上げられてしまいます

 

車の所有者名義が自分の場合には、場合によっては残せる可能性がありますが、普通はローンの返済が終わるまでは車の所有権はローン会社にあるので、自動車ローンがある場合には個人再生すると車は残せないと思ったほうがいいです。

 

個人再生の場合には、自動車ローンがあるかないかによって、車を残すことができるのかがはっきりと分かれます。

 

個人再生を利用する際には自動車ローンと、車の所有名義を確認しておくといいかもしれないですね。

自己破産では自動車ローンがあっても車を残すことができるのか?

自己破産自動車ローン

 

自己破産は債務整理方法の中でも一番借金の減額幅が大きい債務整理方法で、裁判所に免責が認められれば、借金返済義務から解放されるという最強の債務整理方法になります。

 

自己破産の場合には他の債務整理方法とは違って、借金の減額率が非常に高いですが、代わりに債務整理後のデメリットも大きい債務整理方法なので、しっかりと車所有への影響について理解しておきましょう。

 

自動車ローンがない場合の自己破産について

 

自動車ローンがない場合には、他の債務整理方法なら普通に車を所有することができましたが、自己破産の場合には違います。

 

自動車ローンがないなら債務整理されるローンもないので保有できると思っている人もいますが、自己破産の場合には高額資産が清算されてしまうので、車を所有することは難しいです。

 

しかし車の価値が20万円以下の場合には高額資産とみなされないので、車を残すことが可能です。

 

そのため自己破産後に車を所有するためには車の査定証などを手に入れて、車の価値が20万円以下であることを証明する必要があります。

 

自動車ローンがある場合の自己破産について

 

自動車ローンがある場合に自己破産すると、当然ですが、自動車ローンも一緒に債務整理されてしまうので、普通に自動車ローンを踏み倒すことになります。

 

そのため車はローン会社に引き上げられると思っていいです。

 

個人再生でも自動車ローンがあると車が引き上げられるので、自己破産の場合でも同様に債務整理されてしまうようなら普通に車が引き上げられます。

 

自己破産の場合には、自動車ローンがある場合でも、ローンがない場合でも車を残すのはかなり難しいということがわかると思います。

 

では債務整理後に車を失ってしまったとして、車を新規購入する場合はどうなのでしょうか?

債務整理後に車を新規でローン購入できるのか

債務整理後車ローン購入

 

債務整理後に車を所有できたとしても、途中で車が故障してしまって買い換える必要があるような状況になることは普通にあえります。

 

そういった場合に債務整理後に車を所有できるのかという問題があります。

 

債務整理をすると自動車ローンを組めない

 

債務整理後のデメリットしてクレジットカードが作れなかったり、ローンが組めないというものがあります。

 

これは信用情報がブラックリストに掲載されることで、債務整理したことがローン会社に伝わることで、自動車ローンを審査に通らないためです。

 

これは任意整理、個人再生、自己破産に共通するデメリットになります。

 

こういったことから債務整理後に新たに車を購入するのは非常にハードルが高くなると思っておくといいです。

 

ただ債務整理をした人がローンを組めなくなるのは一時的なことで、5年から10年くらいの間にブラックリストの制約は解除されます。

 

どうしても債務整理後に車を購入したいと考えるならローン審査の甘いところを利用するしかないと思います。

 

債務整理後の車購入は自社ローンの利用を検討

 

自社ローンは自動車販売会社によるローンだと思っておくといいです。

 

自社ローンの場合なら相手が金融業者ではなく、自動車販売会社なので比較審査が緩いという特徴があります。

 

そのため債務整理後でもローンを組める可能性があります。

 

ただ自社ローンを審査が緩いだけに貸し付け条件があまり良くないという特徴があります。

 

具体的には、金利が高かったり、自動車の相場が高かったり、取立てが厳しいなどということがあるようです。

 

そのため自社ローンを利用して車を購入する場合にはしっかりと業者を見極めることが大事になってきます。

債務整理後の車を残すには弁護士の力が必要!

債務整理後車弁護士

 

債務整理後に車を残すのは債務整理方法や自動車ローンの状況によって違ってくるというのは説明しましたが、それ以外にも弁護士の力も大事になってきます。

 

自己破産や個人再生の場合だと自動車ローンが残っている場合では、自動車ローンが債務整理対象になるので残すことはできないですが、裁判所判断で残せる可能性があります。

 

具体的には「仕事で必要」という場合だったり、「介護のために必要」など、どうしても必要な状況の場合には、弁護士が裁判所と交渉することによって例外が認められる可能性があります。

 

他にもローンがあと少しというような場合だと、優先してローンを返済させてもらえるという「別除権協定」が弁護士によっては可能な場合もあります。

 

このように車を残す場合には弁護士の力が結構重要になってくるので、しっかりと債務整理に慣れている弁護士に依頼することが大事になってきます。

 

当サイトでは債務整理に慣れている弁護士事務所をいくつか載せているので、車を残したままで債務整理できるか相談してはどうでしょうか。

 

メールや電話で気軽に相談できるので、借金で困っているなら気軽に相談してみるといいです。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

 

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ