医療ローンによる借金は債務整理可能か?

医療ローン債務整理

 

医療ローンによる借金を返済することができずに困っている方は珍しくないです。

 

医療ローンは国民健康保険などの保険の対象にならない自費診療を利用する場合に、高額な費用になるために利用されるローンで、医療機関で利用されるローンということもあり、取り立てもそこまで厳しくないのではないかと思っている方も少なくないです。

 

医療ローンの場合だと金額が数百万円単位になるなど、結構金額が大きくなるケースが多いです。ちなみに一般のローンと一緒で、返済が遅れると遅延損害金(延滞金)が課せられることになり、支払い負担はどんどん重くなってしまいます。

 

そんな医療ローンによる借金の返済方法についてわかりやすくまとめています。

 

どのようなケースで医療ローンは利用される?

医療ローンとは

 

医療ローンは具体的にどのようなケースで利用されることが多いのでしょうか?

 

医療ローンは保険適用されない自由診療で利用されることが多く、美容整形やレーシック、インプラントなどによる治療に利用されることが多いです。

 

特に美容整形などのようなケースだと、手術内容によっては数百万円を軽く超えるくらいの費用が必要になるので、こういった手術で美容ローンを利用するケースが多いです。

 

美容整形

 

美容整形に関してはかなり治療方法が進化してきているので、利用する治療方法によって料金はかなり違ってくるので一概にどのくらいの料金と説明するのが難しいです。

 

また整形する場所によっても手術内容なども違ってきます。よくある二重手術の場合だと二重切開法という手術方法で約30万円必要だったりします。

 

美容整形は自由診療なので病院によって料金が変わってきたりするのはもちろんですが、手術方法によっても違ってきます。ただ共通するのは料金はかなり高額になるということです。

 

医療ローンを利用して返済しきれなくなってしまったというケースでは、ローン理由が美容整形という方は少なくないです。最近だと医学の進歩で整形したことがバレにくくなっていることから利用する方も昔より増えています。

 

レーシック

 

レーシックは視力を矯正する手術で、昔と違ってスマホなどによって視力低下をしている方が増えている昨今ではレーシックによって視力回復をしようとしている方は多いです。

 

実際に芸能人でもレーシックを利用して視力回復した方も多いことから利用者も増えています。そんなレーシックは保険適用されず自由診療で治療を受けることになるので費用は高額になります。

 

手術費用は美容整形と同じく病院や治療方法によって価格は大きく変わってきますが、40万円から100万円くらいはかかるような印象です。

 

レーシックも結構な治療費用が必要なので、治療後に何かの事情で支払いが難しい状況になってしまった場合にはローンを滞納してしまう可能性があります。

 

インプラント

 

インプラントは歯の矯正治療などで利用されており、近年は芸能人でも利用する方が増えており、歯並びがきれいになって歯が強烈なくらい白くなるということもあり、利用したいと考える方が増えています。

 

芸能人やモデルなどが利用していたりするので利用したいと考える方は増えてきています。

 

治療料金はインプラント本数などによって異なってきますが、一本当たり40万円から50万円くらいで、全ての歯をインプラントにすると数百万円は必要になってきます。

 

そのためインプラント治療はかなり費用負担が重いことから医療ローンを利用して治療をするという方は多いです。

医療ローンを滞納すると信販会社や銀行から督促を受ける

医療ローン滞納

 

医療ローンは病院での治療に利用されるものなので、病院から借金の督促を受けると思っている方が多いですが、実際には病院が提携しているローン会社のローンを利用することになるので、滞納すると取り立てをしてくるのはローン会社になります。

 

つまり医療ローンを利用すると、ローン会社から医療機関に治療費が支払われて、その後で患者とローン会社の間で料金の支払いが発生するという仕組みになります。

 

そのため医療ローンが支払えないとしても困るのは病院ではなく、ローン会社ということになります。

 

ローン会社は当たり前ですが借金の取立てや督促には慣れているので普通に督促状などを発送して返済を迫ってきます。つまり医療ローンは普通にローンを借りた場合と同じように対応されることになるということです。

 

医療ローンが支払えないとどうなる?

医療ローン払えない

 

医療ローンは普通にローン会社から借金するのと同じことなので、医療ローンを滞納すると取り立てを受けて、最終的には裁判になって資産を差し押さえられたり、給料を差し押さえられるという事態になってきます。

 

滞納すると最初はハガキなどで督促状が届くようになって、それでも支払わないと電話による督促が始まってしまい、それでも支払いを放置すると資産や給料の差し押さえのための法的処置に訴えられることになります。

 

強制執行で資産や給料が差し押さえられると、その後の生活に大きな影響を与えてしまうことになるので、その前にしっかりと対処する必要があります。

 

特に給料を差し押さえられたりしたら、借金問題を会社に知られることになってしまい、会社での立場が悪くなってしまいます。

医療ローンが払えないなら債務整理方法

医療ローン払えない債務整理

 

医療ローンを支払うのが難しいなら、早めに債務整理手続きによって借金を整理してしまった方がいいです。

 

特に医療ローンが支払うことができず、ローン会社から督促を受けている状況の場合で、支払える見込みがない場合にはできるだけ早めに債務整理に対応している司法書士や弁護士に相談したほうがいいです。

 

ちなみに債務整理をすると、借金の取立てをストップすることができるのはもちろんですが、債務整理手続き中は借金返済の必要がないので、生活を立て直すことができます。

 

また個人再生や自己破産などの債務整理方法なら差し押さえをストップすることもできるので、返済が行き詰っているなら検討したほうがいいです。

 

では医療ローンを減額・免除できる債務整理方法について解説しようと思います。

 

任意整理

 

任意整理はローン会社と交渉して返済条件を変更してもらったり、借金の利息を免除してもらうという債務整理方法になります。

 

任意整理は債務整理方法の中では一番利用料金が安くて、持ち家や自動車などの資産を売却することなく借金返済の負担を軽減できるということもあり、日常生活に与える影響が小さい債務整理方法になります。

 

そのためある程度ローンを払っていて、借金の利息を免除したり、毎月の返済額が小さくなれば完済できる可能性があるという場合に利用を検討したい債務整理方法です。

 

ただ交渉によって返済条件変更を迫る債務整理方法なので、交渉実績が豊富な司法書士などに依頼しないと失敗する可能性があります。

 

参照:任意整理とは

 

個人再生

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、手続きが非常に複雑で難しいため、専門家である弁護士などに依頼したとしても半年くらい必要になる可能性がある債務整理方法です。

 

ただ任意整理よりも借金減額幅が大きく、個人再生の場合は利息だけでなく借金の元本から減額することができるので、大幅に借金返済の負担を軽減することができます。

 

個人再生の場合は最大で借金が10分の1まで減額することができます。また医療ローン以外に借金がある場合には、その借金もまとめて減額することができるので、借金額が大きい方向けの債務整理方法になります。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産

 

自己破産も個人再生と同じで裁判所で手続きする債務整理方法で、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務がなくなるという債務整理方法で、医療ローンの支払い負担がゼロになるという債務整理方法です。

 

そのため何かの事情で給料が大幅に減ってしまったり、退職して収入が全くなくなってしまって医療ローンの支払い見込みが全くなくなってしまった場合には自己破産で借金を整理するといいと思います。

 

自己破産すると医療ローンはもちろんですが、他のローンなどの借金の支払いも免除されることになるので、借金問題が一掃されることになります。

 

収入がなく返済の見込みが全くないような状況での最終手段になる手続き方法になります。

 

参照:自己破産とは

医療ローンを債務整理するデメリットはある?

医療ローン債務整理デメリット

 

医療ローンは債務整理手続きによって返済負担を軽減することができますが、債務整理手続きをするデメリットもあります。

 

まず債務整理手続きは非常に複雑なので司法書士や弁護士などの専門家に依頼して手続きしてもらうのが普通です。そのため依頼費用が必要になってきます。

 

借金返済できない状況で債務整理費用は大きな負担ですが、法律事務所でも依頼者にお金がないことはわかっているので、支払い方法に関しては融通をきかせてくれるケースが多いです。

 

あとは債務整理することによって信用情報がブラックリストに登録されるというデメリットが発生します。

 

信用情報は借金の履歴のようなもので、こういった信用情報は信用情報機関のデータベースで保管されており、借金の与信審査などで利用されたりします。

 

そこで債務整理をすると、信用情報に債務整理したという事が記録されてしまい、ローン審査などで債務整理したことが知られてしまうので、ローン審査に通らなくなります

 

この信用情報のブラックリスト登録は5年から10年になっており、それ以降は普通にローンが組めるようになります。ただそれまではローンやクレジットカードを作ろうと思っても審査で落とされてしまうので注意が必要です。

 

参照:信用情報のブラックリスト登録

まとめ

医療ローン債務整理まとめ

 

医療ローンは保険適用されない自由診療による治療費を賄うためのローンということもあり、支払い負担が大きく、経済状況によってはローンを滞納してしまって督促を受けてしまうことがあります。

 

医療ローンは医療機関が行っているものではなく、提携しているローン会社と結ぶローンなので、医療ローンとは言っても普通の借金と変わりはないです。そのため滞納すれば遅延損害金も発生しますし、滞納が続けば督促状なども届きます。

 

そして最終的には強制執行で資産が差し押さえられたり、給料が差し押さえられたりしてしまいます。そうなる前に、返済が厳しい状況だと思ったら早めに債務整理手続きを検討するといいと思います。

 

当サイトでは医療ローンを含めた借金問題について無料相談を行っている司法書士や弁護士をランキングにしてまとめています。都道府県別にまとめているので、無料相談できる法律事務所を探しているなら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納