アイフルからの借金は債務整理で減額・免除可能

アイフル債務整理

 

アイフルは大手の消費者金融業者ということもあり、消費者金融からの借金問題を抱えているようなケースだと、借入先の中にアイフルがあるということはよくあることだと思います。

 

アイフルは独立系の消費者金融でアコムやプロミスなど、大手の消費者金融は銀行傘下のグループが多い中で、最大手クラスで独立系の消費者金融はアイフルぐらいなのではないかと思います。

 

アイフルは貸金業だけでなく、クレジットカードのライフカードや事業向け金融のビジネクストなどを傘下に抱えおり、総合的な金融業として大手企業になります。

 

そんなアイフルは消費者向けのキャッシングローンで有名な会社で、最短30分で審査が完了し即日融資が可能ということで、その手軽さからお金に困っている方から多くの支持があり、借入ている方も多いです。

 

ただ利用している方が多いといことは、中にはアイフルからの借金を返済できなくて困っている方も多いということです。アイフルに限らず消費者金融は利息が高いので、一度返済が滞ると利息負担などによってさらに返済が難しくなってしまうことがあります。

 

ではそんなアイフルからの借金は債務整理で減額や免除することは可能なのでしょうか?

 

結論を言ってしまうとアイフルからの借金は債務整理を利用することによって、減額や免除することが可能です。そのため実際にアイフルからの借金問題を債務整理で解決したという方は少なくないです。

 

アイフルの借金を滞納し続けるとどうなる?

アイフル借金滞納

 

アイフルからの借金をそもそも滞納し続けるとどうなるのでしょうか?

 

消費者金融からの借金という事で安易に対応してしまう方がいますが、借金は滞納すると非常に面倒なことになるので、滞納しそうになった時点で早めに債務整理などの借金問題解決方法を考えたほうがいいと思います。

 

下記で具体的にアイフルからの借金を滞納するとどうなるかを解説しているので参考にしてください。

 

アイフルからの借金を滞納し続けるとこうなる
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 遅延損害金が発生する
  • 資産や給料が差し押さえられる可能性もある

 

信用情報がブラックリストに登録

 

アイフルからの借金を滞納し続けると信用情報がブラックリストに登録されることになります。

 

アイフルなどの金融機関は融資の審査の際に信用情報機関からの信用情報を元にして審査を行っています。信用情報とは借金の履歴のようなもので、過去に滞納や債務整理などの金融事故を起こしてないかなどをチェックすることができます。

 

現実にはブラックリストというものはないですが、借金を滞納したりすると金融事故として信用情報に記載されることになり、そのことによって融資審査に落ちたりクレジットカード審査に落ちるなど、金融面での審査に大きな影響が出てしまうので、わかりやすくブラックリストと通称で呼ばれたりしています。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

遅延損害金が発生する

 

アイフルからの借金を滞納すれば遅延損害金が発生します。

 

遅延損害金は延滞利息のことで、滞納してすぐに遅延損害金は発生するため返済が遅れるとそれだけ負担は大きくなってしまいます。

 

消費借金融からの借金なら滞納して返済が遅れれば遅延損害金が発生するというのは何となくわかっている方も多いかと思います。金利18%で借金している場合だと、遅延損害金は20%ということになります。

 

2%の違いですが、「塵も積もれば山となる」というたとえもあるように、遅延損害金は滞納すれば毎日増えていくものなので、滞納が続くと結構大きな金額になる可能性があります。

 

参照:遅延損害金は債務整理可能か?

 

資産や給料が差し押さえられる可能性もある

 

アイフルからの借金を滞納し続けると最終的には裁判になってしまって、資産や給料などが差し押さえられることになってしまいます。

 

2カ月程度借金を滞納すると裁判所で申し立て手続きを起こされてしまい、最終的には差し押さえが実行されることになります。裁判になったら借金を滞納しているこちらが勝てる見込みはないので、普通に資産や給料が差し押さえられてしまいます。

 

無職で資産がない方ならそこまで大きな影響はないかもしれないですが、働いて給料があるという方の場合だと、給料が差し押さえられることによって会社に借金問題を抱えていることが知られることになってしまいます。

 

場合によっては差し押さえによって会社に迷惑をかけることによって、会社での立場がなくなってしまい、最終的には退職まで追い込まれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

そんなアイフルからの借金問題を検討しているなら債務整理を検討するのも一つの方法です。

アイフルの借金を任意整理

アイフル任意整理

 

アイフルからの借金は債務整理手続きによって減額や免除することができますが、債務整理には任意整理・個人再生・自己破産という3つの手続き方法があるのでそれぞれ簡単に説明しようと思います。

 

任意整理は債務者と債権者が交渉して、借金返済の条件を変えてもらって返済負担を軽くするという債務整理方法で、アイフルと任意整理の依頼を受けた弁護士や司法書士が交渉するのが一般的です。

 

任意整理をによって借金の利息が免除されたり、毎月の返済額が小さくなるなどの借金負担の軽減を見込むことができます。

 

ただ任意整理は交渉による債務整理方法なので相手が交渉に応じてくれないと任意整理を行うことができないという問題があります。ちなみにアイフルは任意整理の交渉に応じてくれる金融業者なので、任意整理による手続きは可能です。

 

しかしアイフルが交渉に応じてくれる金融業者だとしても、手続きを依頼した弁護士や司法書士が任意整理に慣れてなくて交渉が上手くいかないと任意整理が失敗に終わる可能性もあるということを知っておく必要があります。

 

任意整理は交渉にって返済条件が変わってくる可能性がある債務整理方法なので、できるだけ手続き経験が豊富な弁護士や司法書士に依頼するのがポイントになります。

 

参照:任意整理とは

アイフルの借金を個人再生

アイフル個人再生

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法で、再生計画案による返済を進めていく債務整理方法で、借金の減額幅が任意整理よりも大きいという特徴があります。

 

個人再生は任意整理よりも借金の減額幅が大きいという特徴があり、任意整理は借金の利息を免除できますが、個人再生は借金の元本も減額することができます。そのため資産額や借金額によっては、最大で借金を10分の1まで減らすことができます。

 

ただ借金がアイフルだけというケースだとあまり利用する方は多くないのではないかと思います。個人再生は全ての借金が整理対象になるので、アイフル以外にも複数の消費者金融やカード会社などから借入がある場合に利用を検討したい債務整理方法です。

 

個人再生は任意整理よりも借金の減額幅が大きいですが、裁判所で手続する債務整理方法ということもあり、手続きに手間や時間がかかることになります。また依頼費用も高額になるので、借金額が小さい方が利用してもあまり大きな減額効果が得られない場合もあります。

 

そのため個人再生を利用するなら借金額が数百万円など大きい方の利用をお勧めします。

 

参照:個人再生とは

アイフルの借金を自己破産

アイフル自己破産

 

無職など収入が全くなくてアイフルからの借金が完済できる見込みが全くないような場合に利用を検討したいのが自己破産です。

 

自己破産については、名前くらいは聞いたことがある方も多いかと思いますが、自己破産して裁判所から免責を得ることができると借金返済の義務がなくなります

 

つまり自己破産手続きで免責を受けることができれば、アイフルからの借金を返済する必要がなくなるということになります。そのため無職で全く収入がない方でも借金問題を解決することができます。

 

ただ自己破産する方の多くは複数の借入先からお金を借りているケースが多く、借入先がアイフルだけという状況で自己破産する方は少ないと思います。

 

ちなみに自己破産も個人再生と同様に全ての借金が債務整理対象になるので、複数の借入先があるような場合だとまとめて借金を整理することができます。

 

ただ自己破産すると高額資産が没収されてしまうので、自動車や持ち家などの高額資産がある状況で自己破産するとこういった資産が没収されてしまう可能性があります。

 

自動車や持ち家などが没収されると生活に大きな影響が出てしまうと思うので、資産があるような方が自己破産する場合には注意が必要です。

 

参照:自己破産とは

債務整理後にアイフルから借入することは可能?

債務整理後アイフル借入

 

債務整理手続きをした後にアイフルから借入することができるのか気になる方もいると思います。

 

債務整理をすると借金を滞納したケースと同じように信用情報がブラックリストに登録されることになるので、信用情報がブラックリストに登録されている期間はアイフルから借入することはできないです。

 

債務整理方法によって違ってきますが、5年から10年くらいは信用情報がブラックリストに登録されると思っておいた方がいいです。ただこれらの期間を過ぎれば普通にアイフルを含めた消費者金融から借入することは可能だと思います。

 

しかしこれはあくまでもアイフルからの借金を債務整理対象にしてなかったケースになります。アイフルからの借金を債務整理していると違った状況になります。

 

アイフルからの借金を債務整理すると信用情報機関のブラックリストに登録されるということは同じですが、アイフル社内でも独自にデータを残しています。つまり信用情報機関だけでなくアイフルの社内データベースにも債務整理したデータが残るということです。

 

信用情報機関のブラックリストは5年から10年経過すれば削除されますが、アイフルの社内データはそのまま残ることになるので、過去に債務整理で自社の借金を踏み倒したということがデータとして残り続けることになるので、信用情報のブラックリストが解除されたとしても、社内データのブラックリストで借り入れ審査が通らないことは十分にあります。

アイフルの借金を無料で返済相談

アイフル債務整理まとめ

 

アイフルからの借金が返済できない状況になってしまった場合には、人からお金を借りるなどの色々な解決方法がありますが、自力で借金問題を解決するということなら債務整理手続きは非常に有効な手続き方法だと思います。

 

債務整理をすると資産が没収されてしまうと思っている方が少なくないですが、資産が没収されるのは自己破産だけで、任意整理は個人再生では必ずしも資産が没収されるというわけではないです。

 

特に任意整理なら家族に内緒にしながらアイフルの借金を整理することも可能なので、家族に秘密の借金があって返済に困っているような状況でも整理することができます。

 

当サイトではそんなアイフルを含めた借金問題や債務整理手続きに強い弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

 

メールや電話による無料相談が可能な法律事務所を載せているので、アイフルからの借金が返済できなくて困っているなら一度無料相談を利用してはどうでしょうか。

 

「債務整理するかわからないけど、とりあえず話を聞きたい」というような場合でも、メールや電話による無料相談なら利用しやすいと思うのでよかったら下記を参考にしてください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金