カードローンは債務整理やおまとめ一本化で負担を減らせる

債務整理カードローン

 

銀行カードローンや消費者金融のカードローンなどのキャッシングによる借金が返済できなくなってしまって債務整理おまとめローンで一本化して返済負担を軽くするという方は多いです。

 

カードローンのキャッシングによる借金は一番手軽に利用できる借金手段ということもあり、複数の借金がある場合には、多くの場合カードローンによるキャッシングの借金が含まれています。

 

そんな銀行や消費者金融のカードローンによるキャッシングは債務整理やおまめローン一本化によって返済負担を軽くすることができます。

 

カードローンの債務整理とは

 

カードローンが返済できないくらいの状況までになってしまった場合には返済負担を抜本的に見直すなら債務整理を利用することがおすすめです。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という方法があり、それぞれカードローンの返済負担を軽くすることができる特徴があります。

 

任意整理はカードローンの利息を免除して返済期間を長くして毎月の負担を軽くしたり、個人再生はカードローンの元本からしっかりと借金を減額することができます。さらに自己破産はカードローンの借金自体の返済義務をなくすることができ、借金をゼロにすることができます。

 

どの債務整理方法が良いのかということは借金状況によって違ってきますが、債務整理を利用すると返済負担は大きく軽減することができます

 

参照:債務整理とは

 

カードローンの借金をおまとめローンで一本化

 

複数の借入先から借金がある場合に、新規の借入先から借り換えを行い返済先を一本化するという方法です。

 

借金をしてない金融機関から低金利でお金を借りて、そのお金で借り換えを勧めると総合的に借金の利息が軽くなって、返済先が1つにまとめられることになります。

 

借金の一本化は「おまとめローン」とも呼ばれており、銀行などの金融機関などで行われているサービスになります。

 

銀行や消費者金融のカードローンを債務整理するメリット

銀行カードローン債務整理メリット

 

銀行や消費者金融のカードローンを債務整理を利用して整理する場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

利用する債務整理方法によってメリットが違ってくるので簡単に説明していこうと思います。

 

銀行や消費者金融のカードローンを債務整理するメリット
  • 借金の利息を免除し毎月の返済額が小さくなる(任意整理)
  • 借金額に応じて最大10分の1まで借金を減額できる(個人再生)
  • 借金返済の義務がなくなり返済の必要がなくなる(自己破産)

 

借金の利息を免除し毎月の返済額が小さくなる(任意整理)

 

銀行や消費者金融からのカードローンを債務整理する場合に一番利用しやすいのが任意整理だと思います。

 

任意整理は金融機関と交渉して返済条件を変えてもらったり、利息を免除してもらうという債務整理方法で、他の債務整理方法と比べて依頼料金も安く、ギャンブルや浪費、投資による借金でも借金理由も問われることなく利用できるというメリットがあります。

 

他の債務整理方法と違い、裁判所での手続きが必要ないということもあり、家族や会社にバレにくい債務整理方法です。

 

参照:任意整理とは

 

借金額に応じて最大10分の1まで借金を減額できる(個人再生)

 

個人再生は借金額に応じてある程度の減額幅が決まっている債務整理方法で、最大で借金が10分の1まで減額することができるという非常に強力な債務整理方法です。

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法で、基本的には全ての借金が債務整理対象になってしまうのですが、住宅ローン特則を利用すれば家を残したままで借金を大幅に減らすことができるというメリットがあります。

 

個人再生は借金額が大きめで自己破産したくないという人にメリットがある債務整理方法だと思います。

 

参照:個人再生とは

 

借金返済の義務がなくなり返済の必要がなくなる(自己破産)

 

自己破産の一番大きなメリットは借金返済の義務がなくなるということです。

 

銀行や消費者金融のカードローンによる借金の悩みが一気に全てなくなるというのは大きなメリットです。借金返済で悩んでいる場合に、借金返済の必要がなくなるというのは一番大きなメリットだと思います。

 

借金の返済を任意整理や個人再生を利用して軽減してもらっても、収入が少なったり無職で返済の見込みがないような場合には自己破産は大きなメリットです。

 

参照:自己破産とは

銀行や消費者金融のカードローンを債務整理するデメリット

銀行カードローン債務整理デメリット

 

銀行や消費者金融のカードローンを債務整理するデメリットについてまとめています。

 

債務整理は借金負担が大きく軽減するメリットの大きな手続き方法ですが、全くデメリットがないということはないです。

 

債務整理でカードローンを債務整理する場合の注意点にもなると思うので参考にしてください。

 

銀行や消費者金融のカードローンを債務整理するデメリット
  • 信用情報がブラックリストに載る
  • 法律事務所の手腕によって返済条件が変わる(任意整理)
  • 依頼料金が他の債務整理方法より高い(個人再生)
  • 高額資産が没収されてしまう(自己破産)

 

信用情報がブラックリストに載る

 

どの債務整理方法にも共通するデメリットが「信用情報がブラックリストに載る」ということです。

 

債務整理すると銀行や消費者金融が加盟する信用情報機関のデータベースにブラックリストとして登録されてしまい、債務整理後から5年くらいは新たな借り入れやローンが組めなくなります

 

信用情報機関や利用する債務整理方法によって、ブラックリストに登録される年数は違ってきますが、普通の消費者金融のカードローンの場合は5年という場合が多いです。

 

法律事務所の手腕によって返済条件が変わる(任意整理)

 

任意整理は裁判所で手続きするのではなく債権者と交渉することで利息を免除してもらったり、返済条件を見直してもらうという債務整理方法なので、誰が債権者と交渉するかによって返済条件が左右されます。

 

普通は弁護士や司法書士が返済条件を交渉することになりますが、その交渉した弁護士や司法書士によって、返済条件が有利になったり、有利な条件を得られなかったりします。

 

最悪の場合は交渉が決裂する可能性があるので、弁護士や司法書士の手腕に左右されるというのがデメリットです。

 

依頼料金が他の債務整理方法より高い(個人再生)

 

個人再生は任意整理よりも借金の減額幅が大きくて、自己破産ほどリスクが大きくない債務整理方法なので、非常に使いやすい債務整理方法です。

 

ただ裁判所で手続きを行う債務整理方法ということもあり、手続きが非常に複雑ということもあり依頼料金は任意整理に比べると高額というデメリットがあります。

 

とは言っても個人再生は比較的借金額が大きい人向けの債務整理方法なので、借金の減額幅と比べると十分にメリットはあります。

 

高額資産が没収されてしまう(自己破産)

 

自己破産すると銀行や消費者金融のカードローンの返済義務がなくなるという大きなメリットがありますが、自分も無傷では済まないというデメリットがあります。

 

自己破産すると家や車などの高額資産が没収されてしまうというデメリットがあります。まあ、これは当然と言えば当然ですよね。高額資産を残したままで自己破産できてしまったら、みんな躊躇なく自己破産してしまいますからね。

 

ただ自己破産しても没収されるのは高額資産だけで、家具や家電などの生活費に必要なものは普通に残すことができます。

カードローンを一本化(おまとめローン)するメリット

カードローンを一本化するメリット

 

カードローンを一本化(おまとめローン)を利用する一番のメリットは債務整理のように生活への影響が小さいということだと思います。

 

債務整理を利用すると信用情報がブラックリストに掲載されて、数年間はローンやクレジットカードが利用できなくなるなどの、結構大きなデメリットがありますが、カードローンを一本化(おまとめローン)を利用しただけなら、このようなことにはならないです。

 

また金利が安いところで借金を一本化することができれば、支払う金利も小さくなって、借金返済の負担も小さくなります。

 

さらに借金の支払先が一つになれば返済漏れも防ぐことができ、借金返済する手間も大きく減るというメリットもあります。

カードローンを一本化(おまとめローン)するデメリット

カードローンを一本化するデメリット

 

借金を一本化(おまとめローン)するデメリットは大幅な借金減額を見込むことができないということだと思います。

 

借金一本化はあくまでも低金利の金融機関に借金をまとめて、低金利で借金返済していこうということなので、借金の利息が免除されるというわけでもなく、元本が減るというわけでもないので、返済負担が劇的に減るということはないのがデメリットです。

 

そのため経済状況によっては、借金を一本化したくらいでは返済負担があまり変わらず、結局返済することができなくなってしまって、債務整理を利用するということになりかねないです。

 

借金額が大きかったり、低金になっても完済できる見込みがないような場合には素直に債務整理を検討するようにしましょう。

カードローンの債務整理と借金の一本化どちらがいい?

カードローン一本化と債務整理

 

カードローンの返済負担を軽減することを考える場合に、債務整理と一本化のどちらがいいのか悩む人もいるかと思いますが、それは借金状況によって変わってきます。

 

ただ借金の一本化を利用する人は複数の借入先から結構な金額の借金をしているケースが多く、一本化しても結局返済できないという人が結構多いです。

 

そのため私なら借金返済の負担がきついと思っているなら債務整理を利用してしまった方がいいのではないかと思います。返済負担が重いと感じている方は金利が少し下がったくらいではそこまで返済負担が軽くなったとは思わないと思います。

 

借金一本化に関しては「返済先が複数あって返済先の把握が面倒で困る」などの事務的な手間で困っているような場合に利用したほうがいいかもしれないですね。

 

借金返済の負担が大きいと思っている時点で、債務整理の利用を検討してもいいと思います。

銀行カードローンにしかない債務整理のデメリットとは?

銀行カードローンデメリット

 

カードローンには消費者金融からのキャッシングと、銀行のカードローンによるキャッシングがありますが、銀行カードローンを債務整理する場合にはいくつかのデメリットがあります。

 

消費者金融のカードローンとは違う、債務整理をする場合のいくつかの注意点があるので下記を参考にしてください。

 

銀行カードローンにしかない債務整理のデメリット
  • 預金口座が凍結される
  • 過払い金が発生しない
  • ブラックリスト解除後も社内ブラックとして残る

 

預金口座が凍結される

 

消費者金融のカードローンは預金口座とは関係ないですが、銀行カードローンの場合は預金口座と紐づいているという特徴があります。

 

そのため銀行カードローンを債務整理すると、そのカードに紐づいている預金口座が凍結されることになります。

 

預金口座が凍結されると口座からお金を出金することができなくなってしまうので、給料や年金が振り込まれたとしても口座からお金を出すことができなくなってしまいます

 

銀行カードローンが債務整理されると口座内のお金が借金と相殺されて、残った債務は保証会社に請求することになります。そして保証会社からの入金があってようやく口座凍結が解除されます。

 

口座凍結期間は銀行によって違ってきますが、1カ月か2カ月くらいは必要になると思ったほうがいいです。

 

過払い金が発生しない

 

銀行カードローンは消費者金融のものよりも金利が安いので、過払い金などが発生しないという特徴があります。

 

金利が安いといのは良いことですが、金利が安いということは任意整理などの利息が免除される債務整理方法ではあまり大きな減額効果を期待できないということになります。

 

消費者金融のカードローンの場合だと、過払い金で借金を全額完済できたという事例がありますが、銀行カードローンではそういったことは期待できないです。

 

ブラックリスト解除後も社内ブラックとして残る

 

債務整理すると信用情報機関にブラックリストとして掲載されて、数年後にデータベースのブラックリストからは削除されます。

 

ブラックリストから削除されてて普通にローンやクレジットカードを利用することができますが、それはあくまでも共有データベースから情報が削除されただけです。

 

つまり債務整理対象になった銀行のデータベースには債務整理した経歴がそのまま残っているということになります。そのためその銀行系列のサービスを利用する時に審査で不利になる可能性があります。

 

銀行のようなグループ企業が多い企業ならではのデメリットという感じですね。

債務整理後にカードローン審査が通るようになるのはいつ?

信用情報機関 登録機関 対象金融機関
CIC 5年以上 クレジット会社/消費者金融等
JICC 5年以上 信販会社/保証会社等
KSC

任意整理:5年以上
自己破産:10年以上

銀行

 

債務整理後にカード審査がいつになったら普通に通るようになるのか上記の表でまとめました。

 

信用情報機関や利用する債務整理方法によって年数は違ってきますが、基本的に消費者金融のカードローンに関しては5年以上がブラックリスト掲載期間になると思ってもらっていいです。

 

銀行が加盟しているKSCは他の信用情報機関よりもブラックリスト掲載年数が若干長いと思ってもらうといいです。KSCは銀行が加盟している信用情報機関ということもあり、他よりも厳しくなっています。

 

債務整理後は基本的に5年以上経過すれば新たなカードローン審査に通るようになると思ってもらうといいです。

まとめ

カードローン債務整理まとめ

 

銀行カードローンや消費者金融のカードローンについては、返済状況がそこまで厳しくない状況なら借金の一本化で対応することができますが、返済負担が重いと感じている場合には債務整理を利用したほうがいいと思います。

 

ただ債務整理を利用する場合にはできるだけ借金問題に慣れている弁護士や司法書士に相談することが重要になってきます。

 

任意整理は交渉に慣れている法律事務所でないと減額効果に影響するということや、個人再生や自己破産は手続き時間や手続きの成功率などにも影響してきます。

 

当サイトでは銀行や消費者金融のカードローンの債務整理に慣れている弁護士や司法書士をピックアップしているのでよかったら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金