奨学金が返せない人は年々増えている!

奨学金が返せない人は年々増えている画像

 

奨学金返済で悩んでいる人が多いのはニュースなどでも頻繁に報道されているので知っている人は多いですよね。

 

 

近年は親の収入が減少しているという背景から、奨学金を得て大学に通っている学生が多いですが、その奨学金は将来働いて返済する必要があるので、利息付の借金になります。

 

意外と誤解している人が多いのですが、奨学金とは言っても立派な利息がある借金なんですよね。

 

何となく奨学金というと公的な機関からお金を借りているというイメージがあって、周りの学生も借りているので安易に奨学金を利用している人も多いですが、実際にはがっつりとした借金です。

 

これまではそこまで奨学金が返済できないというニュースはクローズアップされることはなかったですが、どうして近年になってこうした奨学金が返済できないような状況に追い込まれてしまった人が多いというニュースが報道されるようになったのでしょうか?

奨学金が返済できない人が増えた原因とは?

奨学金が返済できない人が増えた原因画像

 

奨学金が返済できない人は昔からいましたが、近年は特にそういった人が多くなってしまって、最終的に返済できなくて自己破産する人も珍しくなくなってきています。

 

ではこのように奨学金返済できない人が増えてしまった原因は何なのでしょうか?

 

こういった奨学金返済できないような現状になってしまったのにもしっかりと理由があります。

 

奨学金が返済でない人が増えた原因

 

・非正規労働者の増加と賃金の低下

 

・終身雇用制度の崩壊による労働継続力の減少

 

・大学等の学費が増えている

 

特に大学の学費自体が増えているというのは非常に大きな原因で、学費が高額になってきているので、奨学金を借りる人が増えて、返済額もその分だけ増えていくということで、返済できない人が増えてきています。

 

実際に大学卒業時点で500万円近い奨学金による借金があるという人も珍しくなく、人によっては40歳を過ぎても奨学金の返済をしている人がいるくらいなので、一度仕事を失ってしまうと、急に奨学金が返済できなくなる自体になってしまうことも普通にありえます。

 

そのため借金をして奨学金返済をする人も中にはおり、女性の場合には風俗で働く人もいるくらいです。

奨学金を債務整理で減額することは可能なのか?

奨学金を債務整理で減額することは可能なのか画像

 

奨学金は何となく公的な機関で借りたお金というイメージがあるので、奨学金は借金整理できないような感じがしますが、実際には普通に債務整理で奨学金の返済額を0円にすることは可能です。

 

基本的に奨学金は借金なので、普通に法的な手続きなどによって、返済額を減額したり0円にすることも可能なんですよね。

 

ただ奨学金返済を債務整理する際には問題があります。

 

奨学金を債務整理する一番の問題は連帯保証人制度

 

奨学金は普通に債務整理できるのに、どうして風俗で働いてまで返済しているのか疑問に感じている人もいるかもしれないですが、その理由が連帯保証人制度になります。

 

奨学金を債務整理すると支払い請求が連帯保証人になっている人にいくことになるので、なかなか債務整理することができないんですよね。

 

特に親族が連帯保証人になっているようなケースだと、迷惑をかけないために一生懸命返済しなくてはならずに、債務整理できないような状況になってしまうことも珍しくないです。

 

ただ家族に相談して本当に生活に困窮しているようなら、奨学金を借りた本人と連帯保証人になっている親が一緒に自己破産することも検討してもいいと思います。

 

正直言って奨学金の返済金額は、学部によっては異常な金額になるので、場合によっては本人と連帯保証人が一緒になって債務整理してしまった方がいいケースもあります。

連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理する方法はないのか?

奨学金返済連帯保証人

 

奨学金返済では、どうしても連帯保証人制度がある関係で、債務整理することができないと思っている人も多いと思います。

 

そうした状況で連帯保証人に迷惑をかけずに奨学金を債務整理できる方法はないのかと考えている人もいると思います。

 

基本的に連帯保証人が設定されている借金については、債務整理をするとどうしても連帯保証人に迷惑をかけてしまいますが、奨学金を返済するために作ってしまった借金などについて債務整理することは可能です。

 

債務整理の中の任意整理という方法なら、債務整理する借金の対象を選択することができるので、連帯保証人に設定されている借金はそのままにして、それ以外の借金を債務整理することができます。

 

つまり奨学金返済のために借金をしているような人は、その借金を債務整理することができるので経済的にかなり楽になるということです。

 

とは言っても人によって奨学金の借金の状況は違ってくるので、場合によっては個人再生や自己破産の方がいい場合もあります。

奨学金返済で困っているなら法律事務所の無料相談を利用しよう!

奨学金返済無料相談

 

奨学金返済で行き詰ってしまう人は多く、借金返済で無理して体を壊してしまった結果、さらに経済的に追い込まれてしまうというケースが結構多いです。

 

自分の借金だから無理してでも自分で払いたいという人もいるかもしれないですが、無理して体を壊してしまっては意味がないです。

 

奨学金に関しては近年は取立が厳しくなってきているということもあり、債務整理手続きによって奨学金を整理する人が多いです。

 

そのため債務整理に対応している法律事務所の無料相談を利用して奨学金の返済にについて相談する人は多いです。

 

こういった事情があるので、債務整理に強い法律事務所は奨学金による借金問題に精通している事務所が多く、無料相談で話を聞くだけでもかなり参考になると思います。

 

当サイトのランキングに掲載している法律事務所は、公式サイトからメールや電話などでも無料相談に応じているので、奨学金返済で悩んでいるなら一度無料相談を利用して現在の状況を話してみるといいと思います。

 

奨学金返済相談が可能な債務整理に慣れた弁護士事務所

 

奨学金の無料相談に対応している法律事務所ランキング

奨学金返済の債務整理方法とは?わかりやすく解説!記事一覧

奨学金返済で困っている社会人の人は多く、近年では利子付きの奨学金返済で返済が滞ってしまって自己破産する人も少なくない状況になっています。そういった状況で少しでも奨学金返済の負担を少なくしたいと思っている人は、奨学金の過払い金請求はできないのかと思っている人も多いのではないでしょうか。近年では大学の学費が高くなっているという現状があり、不安定な雇用状況や終身雇用が終了してしまったという状況で、奨学金...

生活保護受給者でも奨学金の保証人になれるのかどうか気になっている人もいると思いますが、就労状態によっては違ってきます。無職で生活保護を受給している場合には奨学金の保証人にはなれないです。しかしパートなどで就労している場合で生活保護を受給しているような場合なら可能な場合もあります。そのため無職の親に奨学金の保証人を頼むというのが難しいような場合には、おじやおばなどの親戚に頼むか、保証機関にお願いする...

TOPへ