奨学金返済で過払い金返還請求は活用できるのか?

奨学金返済で過払い金返還請求は活用画像

 

奨学金返済で困っている社会人の人は多く、近年では利子付きの奨学金返済で返済が滞ってしまって自己破産する人も少なくない状況になっています。

 

そういった状況で少しでも奨学金返済の負担を少なくしたいと思っている人は、奨学金の過払い金請求はできないのかと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

近年では大学の学費が高くなっているという現状があり、不安定な雇用状況や終身雇用が終了してしまったという状況で、奨学金を借りたけど返済の途中で病気で働けなくなってしまったり、会社が倒産してしまったりなど、奨学金の返済が滞る可能性は普通にあります

 

過払い金返還請求を行うと、人によっては借金が全額なくなって、さらにお金が戻ってくることもあるので、奨学金を何年も返済している人からすると興味深い制度だと思います。

 

では奨学金は過払い金返還請求の対象になるのでしょうか?

 

奨学金がグレーゾーン金利内の利率で貸し出されていたら過払い金に該当する!

 

過払い金返還請求が可能なのはいわゆるグレーゾーン金利という範囲内でお金が貸し出されていた場合になります。

 

奨学金を所管している日本学生支援機構では「第一種奨学金」と「第二種奨学金」の奨学金があります。

 

「第一種奨学金」の場合には無利息での貸し出しなので過払い金返還請求の対象にはならないです。

 

「第二種奨学金」の場合には将来的に金利が変動しない利率固定方式で金利が取られていますが、法律によって年間利息が3%以下というかなり低い水準で運用されているので、グレーゾーン金利の可能性はないです。

 

そのためは「第一種奨学金」と「第二種奨学金」の奨学金のどちらも過払い金返還請求の対象にはならないということになります。

学生ローンは過払い金返還請求の対象になるのか?

学生ローンは過払い金返還請求の対象画像

 

奨学金は過払い金返還請求の対象にならないので、過払い金を請求することによって借金の返済を軽くすることはでいないですが、学生ローンはどうなのでしょうか?

 

奨学金とは違いますが、近年の学生は親からの仕送りが少なくてバイトをしながら学費を稼いでいる人も多いと思います。

 

そういった中で生活費が足りなくて学生ローンを利用している人もいると思いますが、学生ローンは金融機関の金融商品の一つになっており、公的なものではないので利率が通常よりも高い可能性があります。

 

つまり学生ローンについては過払い金返還請求の対象になる可能性があるということです。

 

消費者金融の金融商品は利益を追い求めているものが多いので金利が高く、普通にグレーゾーン金利の可能性があるので、何年も返済しているようなら一度過払い金があるのか調べてもらうといいと思います。

 

当サイトで載せている債務整理に対応した弁護士事務所なら過払い金があるのかどうか調べてもらえるので相談してみるといいです。

奨学金返済を借金で補っていた場合はどうなの?

奨学金返済を借金で補っていた場合画像

 

奨学金返済で滞納すると結構面倒なことになってくるので、人によっては借金をして奨学金返済をしている人もいます。

 

とは言っても借金を借金で返済するのはあまり意味のないことなので、行っている人は少ないと思います。

 

ただ奨学金は返済が滞ると強制執行もありえるので、それを回避するためにお金を借りて返済しているという人もいます。

 

こういった奨学金返済のために金融機関から借りたお金は過払い金返還請求の可能性があるので調べてもらうといいかもしれないですね。

 

とは言っても奨学金よりも消費者金融の借金の方が利息は高いので、あまり賢い選択ではないですが、もしも奨学金を借金で返していた人は一度調べてもらうといいかもしれないですね。

 

では奨学金の返済自体を楽にする方法はないのでしょうか?

 

奨学金返済が厳しくなったら債務整理という方法も検討しよう

奨学金返済が厳しくなったら債務整理画像

 

奨学金については基本的に地道に返済していくというのがセオリーですが、近年では非正規社員が増えたり、雇い止めになったり、会社が倒産したりなど、いきなり職がなくなることも普通にありえます。

 

そうした状況になってしまって、どうしても奨学金返済が厳しくなった場合には債務整理を検討するといいと思います。

 

債務整理には任意再生や個人再生、自己破産などの方法があり、どの方法も奨学金返済の負担を軽くすることができる方法なので検討する価値はあります。

 

あなたの経済状況によって、個人再生やよかったり任意再生がよかったり、自己破産が最適ということもありえるので、まずは専門家に相談するといいと思います。

 

最近は奨学金返済問題がニュースでも取り上げられているくらいなので、債務整理に対応している弁護士事務所でもこういった奨学金返済についての相談は多く入っていると思います。

 

当サイトでも奨学金返済の債務整理について載せているので良かったら参考にしてください。

 

まあ、過払い金もある意味では債務整理の一つの手段の一つなので、奨学金が過払い金請求できないなら他の債務整理方法はどうなのか検討するのはありだと思います。

 

お金の問題については必ず解決方法はあるので、まずは債務整理に対応している弁護士事務所の無料相談を利用して対策方法を聞いてみるといいと思います。

奨学金返済の無料相談が可能な弁護士や司法書士

奨学金返済などの借金問題について無料相談を行っている法律事務所は多いですが、その多くは「初回限定」という感じで無料相談の回数に制限がある場合が多いです。

 

しかし下記の法律事務所は全て「無料相談の利用回数に制限なし」というサービスを行っているので、奨学金返済について何度でも専門家に相談できるようになっています。

 

そうや法律事務所そうや法律事務所レーダーチャート

代表弁護士; 対応地域 特徴
松木勇作、町井敏亨 全国対応 無料相談回数制限なしで利用可能

 

そうや法律事務所は債務整理手続きに総合的に強い弁護士事務所で、全国対応で借金相談や債務整理手続きを行っているので、奨学金返済で困っているなら相談候補になると思います。

 

そうや法律事務所は借金問題に特化している弁護士事務所ということもあり、奨学金返済などの相談事例も多く取り扱っていると思うので、奨学金返済で困っているなら一度無料相談を利用してはどうでしょうか。

 

そうや法律事務所では無料相談を回数制限なしで行っており、代表弁護士が若いということもあり、奨学金についての相談がしやすく対応も丁寧なので相談しやすいと思います。

 

詳細レビューは下記からどうぞ

 

>弁護士法人アドバンス弁護士法人アドバンス評価レーダーチャート

代表弁護士 対応地域 特徴
五十部紀英 全国対応 チャット形式で匿名・アドレス・住所不要で無料相談可能

 

弁護士法人アドバンスは奨学金返済を含めた借金問題に総合的に対応している全国対応の弁護士事務所で、近年増えている奨学金返済についての債務整理相談なども受け付けているので、奨学金返済で困っているなら相談候補になると思います。

 

そんな弁護士法人アドバンスは借金に関するお問い合わせ実績が月500件以上という実績があり、相談実績が非常に豊富な弁護士事務所です。そのため奨学金返済に関する債務整理経験なども期待することができるので話だけでも聞いてみるといいです。

 

弁護士法人アドバンスでは無料相談を何度でも利用できるのはもちろんですが、LINEのようなチャットタイプの相談形式を採用しおり、匿名で住所やメールアドレス不要で相談できるのでかなり相談しやすいと思います。

 

詳細レビューは下記からどうぞ

 

アヴァンス法務事務所アヴァンス法務事務所評価レーダーチャート

代表弁護士 対応地域 特徴
姜正幸 全国対応 無料相談回数制限なしで利用可能

 

アヴァンス法務事務所は借金問題に総合的に強い司法書士事務所で、テレビCMなどで知名度もあることから、奨学金返済などで困っている人が相談するケースも多いと思います。相談する側としてはできるだけ経験豊富な事務所に相談したいと思うのでそういった意味ではアヴァンス法務事務所は利用しやすいと思います。

 

アヴァンス法務事務所は利用しやすい司法書士事務所ではありますが、奨学金返済で個人再生や自己破産を利用したいと考えている場合には司法書士という特性上利用しにくいと思います。しかし任意整理を検討している場合には一番にオススメしたいです。

 

アヴァンス法務事務所は無料相談を回数制限なしで行っていることから相談先としてかなり有望で利用しやすいと思います。下記の公式サイトに無料相談用のフォームがあるのでまずは気軽に奨学金返済について話を聞いてはどうでしょうか。

 

詳細レビューは下記からどうぞ