レイクアルサの借金が返済できないなら債務整理を考えよう!

レイクアルサ債務整理

 

レイクアルサは新生銀行系列の消費者金融サービスで、現在はレイクアルサと名称が変わっていますが、以前は「レイク」として運営されており、それが現在レイクアルサというサービスになっています。まあ、名前が一部引き継がれているので何となく同じ系統のサービスだということはわかると思います。

 

レイクアルサはテレビCMでも流れているだけでなく、電車での広告も見かけることが多いので、何となく名前くらいは知っている方も多いかと思います。

 

レイクは新生銀行のカードローンで、実は消費者金融ではなく銀行のローンだったのですが、何となく消費者金融だと思い込んでいた方は多かったようです。そういったことから、レイクアルサは新生フィナンシャルという消費者金融が提供するサービスとして生まれ変わったということのようです。

 

レイクアルサは大手で知名度があるというだけでなく、最短60分での融資が可能で、60日間無利息でお金を借りることができるというメリットがあります。またカードがなくてもネットで簡単に手続きを完了させることもできます。

 

手軽にお金を借りることができるので利用する方は多いですが、それだけに借金の利息の負担が重くなってしまって返済できない状況になってしまう方もいます。

 

そのためレイクアルサの借金が返済できなくなって、債務整理で借金問題を解決する人も多いです。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という手続き方法があるので下記の目次から詳細をご覧ください。

 

レイクアルサの借金を返済できないとどうなる?

レイクアルサ借金返済できない

 

レイクアルサからの借金の負担が大きくなって、利息を支払う事すら困難になってしまって借金を滞納してしまったとしたらどうなるのでしょうか?

 

レイクアルサからの借金しかないような状況なら、滞納すればすぐに把握することができますが、多重債務で借入先が複数あるような状況だと、どの借金を払って、どの借金を滞納しているのか把握してないという方も中にはいます。

 

ではレイクアルサからの借金を滞納すると、どのようなことになるのでしょうか?

 

信用情報がブラックリストに登録

 

レイクアルサだけに限ったことではないですが、金融業者などの借金を滞納すると信用情報がブラックリストに登録されてしまって、クレジットカードが利用できなくなったり借金やローンが組めなくなってしまいます

 

信用情報は信用情報機関という金融業者などが加盟している団体が管理している借金の履歴情報のようなもので、加盟している金融業者などで情報共有されているため、借金を滞納している人の情報も信用情報機関を通じて共有されることになります。

 

そのため、借金を滞納していて信用情報に傷がある方が、借入審査を申し込んでも、借金を滞納しているという情報があるので、借入審査やカード審査に落ちてしまうということになります。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

遅延損害金(延滞利息がかかる)

 

レイクアルサに限ったことではないですが、借金を滞納すると遅延損害金が発生します。遅延損害金はいわゆる延滞利息のことで、借金を滞納することによるペナルティのようなものです。

 

まあ、借りたものを期日に返済しなければペナルティーが生じるのは当然のことなので、何となくレイクアルサなどの借金を滞納すると利息が高くつきそうだというイメージがある方は多いと思います。

 

レイクアルサのような消費者金融は、通常でも金利は高めなので滞納して遅延損害金が発生する状況になると、さらに支払い負担が重くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

つまり一度滞納して、滞納期間が長引くと、期間が長くなるほど返済負担が重くなって返済できない状況が深刻になってしまうということになります。

 

給料や資産が強制執行で差し押さえられる

 

借金を滞納すると裁判になって強制執行によって資産や給料が差し押さえられることになります。

 

レイクアルサのような事業としてお金を貸しているような企業では、滞納者に甘い対応をすることはできないので、滞納が続けば最終的には裁判を起こされてしまい、その結果として強制執行によって差し押さえが行われることになります。

 

資産が差し押さえられると、日常生活に影響が出ますし、給料が差し押さえられると会社に迷惑をかけることになるので、会社での人間関係に影響が出てしまったり、金融関係の仕事をしているようだと、仕事での信頼関係にも影響が出てしまい、最悪の場合は職を失くことにもなりかねないです。

 

レイクアルサに限ったことではなく、借金を滞納するとこのようなデメリットが生じることになるので、債務整理などを利用して早めに借金問題を解決することを考えたほうがいいと思います。

レイクアルサの借金を任意整理

レイクアルサ任意整理

 

レイクアルサからの借金を債務整理する場合に一番の利用候補になるのではないかと思うのが任意整理です。

 

任意整理は債権者と債務者が交渉して借金返済の条件を検討してもらうという債務整理方法で、レイクアルサを任意整理する場合にはレイクアルサと任意整理の手続きを依頼された弁護士と司法書士が交渉することになります。

 

任意整理をすることによって借金の利息を免除してもらったり、返済期間を延ばして毎月の返済額を小さくしてもらうことができるというメリットがあります。

 

さらに任意整理は自己破産とは違って、債務整理したからといって資産を没収されることもないので、自動車や持ち家などの資産をそのままにしながら借金の負担を軽くすることができます。

 

また債務整理する借金の対象を選ぶことができるので、自動車ローンや連帯保証人が設定されている借金などを除外して債務整理することも可能です。

 

依頼料金も他の債務整理方法よりも安いということもあり、他の債務整理方法よりも気軽に利用することができます。

 

レイクアルサのような金利が高い消費者金融からの借金を整理する場合には、利息が免除されるだけでもかなり支払い負担が軽くなるので、レイクアルサのような利息が高い借金と任意整理はかなり相性が良いと思います。

 

参照:任意整理の詳細情報はこちら

レイクアルサの借金を個人再生

レイクアルサ個人再生

 

レイクアルサからの借金額が大きいようなケースだと任意整理ではなく個人再生を利用したほうがいいかもしれないです。

 

個人再生は任意整理とは違い裁判所で手続する債務整理方法で、再生計画案に基づいて借金を返済していくという債務整理方法になります。手続きが非常に複雑で半年くらいは手続き期間が必要になると思ったほうがいいかと思います。

 

手続きが非常に複雑で難しいですが、基本的に弁護士や司法書士に手続きを依頼すれば、こちらで複雑な手続きを行う必要はないので手続きを丸投げすることができます。

 

時間のかかる債務整理方法ですが、任意整理と違って借金の利息だけでなく借金の元本も大幅に減らすことができ、借金額や資産状況によっては最大で借金を10分の1まで減額することができます。また個人再生は全ての借金をまとめて債務整理することが可能です。

 

そのためレイクアルサからの借入が多くて任意整理では完済することが難しかったり、レイクアルサ以外にも複数の借入先があって多重債務状態で完済が難しいようなケースに利用を検討したい債務整理方法です。

 

また個人再生も自動車や持ち家を残すことが可能ですが、高額資産があることによって借金の減額幅に影響が出てしまうということは覚えておきたいです。

 

個人再生は基本的にレイクアルサを含めた借金総額が大きい方向けの手続き方法だと思っておくといいかと思います。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

レイクアルサの借金を自己破産

レイクアルサ自己破産

 

レイクアルサからの借金が全く返済できる見込みがないようなケースだと自己破産を検討したほうがいいと思います。具体的には仕事を失ってしまって収入が全くない状況で、これから借金を返済できる見込みがないようなケースです。

 

自己破産は個人再生と同様に裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務がなくなるという非常に強力な債務整理方法です。

 

自己破産すればレイクアルサからの借金が全ての免除になるので「それなら最初から自己破産すればいいのでは?」と思う方もいますが、自己破産の手続きをしたからといって必ず借金が免除されるわけではなく、裁判所が免責をくれないと借金返済の義務は残ります。

 

また自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産が没収されてしまうことになるので、安易に自己破産して借金を整理すると日常生活に大きな影響が出てしまう可能性があります。

 

そのため自己破産は収入が無くて全く完済の見込みがないような崖っぷちというケースで利用したほうがいいと思います。ちなみに自己破産すれば、レイクアルサからの借金だけでなく、全ての借金がまとめて整理されるので、多重債務で悩んでいる方の借金問題解決にもつながります。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

債務整理後にレイクアルサから借入は可能?

債務整理後レイクアルサ借金

 

債務整理をすれば借金の負担を軽くすることができますが、債務整理後に何かの事情で経済的厳しい状況になってしまって、お金が必要になることは普通にありえることです。

 

そこで債務整理後にレイクアルサから借入が可能なのか気になる方もいると思います。ただ早めに結論を言ってしまうと、債務整理後すぐにレイクアルサから借金することは難しいです。

 

債務整理すると信用情報がブラックリストに登録されてしまうので、レイクアルサだけでなく金融業者全般から借金することが難しくなります。債務整理方法にもよりますが、信用情報のブラックリストから解除されるまで5年から10年くらいは必要なので、それまでは新たに借入することは難しいです。

 

ただ債務整理後でも闇金などの非合法の金融業者からなら借金することができます。実際に債務整理した方を狙って貸し付けを行おうという闇金業者も少なくないです。

 

闇金からの借金は債務整理では解決することができないので、一度借りてしまうと非常に面倒なことになります。基本的に債務整理後5年以内に借りられる消費者金融は闇金の可能性が高いので注意が必要です。

 

もし債務整理後に残った借金を返済するのが厳しいという事になったら、債務整理を依頼した弁護士や司法書士に再度相談するといいと思います。

レイクアルサからの借金を家族にバレずに減額したい!

レイクアルサ家族にバレずに債務整理

 

レイクアルサから家族に内緒で借金をしているという方も結構多いです。レイクアルサはネットで手続きを完結させてお金を借りることができるので、家族にバレずに簡単にお金を借りられるというメリットがあります。

 

ただ家族に内緒で借りたお金が、金利などによっていつの間にか返済が難しいくらい増えてしまって、完済が難しいくらい金額が大きくなってしまったという方もいます。

 

完済できないくらいの借金なら、通常なら家族に相談して何とか解決策を考えたほうがいいのですが、家族に秘密で借金をしている状況だと、簡単に家族に相談することができないという問題があります。

 

夫や妻に秘密の借金があると相談すれば、当然ですが相手は不信感を感じますし、今後はお金のことに関して相手に主導権を握られ一生頭が上がらないという事になりかねないです。また最悪の場合は不信感から不仲になって離婚ということになる可能性もあります。

 

そこで債務整理を利用して家族に内緒で借金を整理して、借金問題を解決することができないのかと思う方もいます。

 

結論を言ってしまうと、任意整理なら家族にバレずに借金を整理できる見込みがあります

 

任意整理は裁判所が関係しないので、裁判所から手続き書類が送られることもないですし、基本的に弁護士や司法書士とレイクアルサの担当者という限られた人たちだけで手続することになるので、外部に借金のことが知られる可能性は低いです。

レイクアルサの借金を債務整理するなら無料相談から!

レイクアルサ借金無料相談

 

レイクアルサからの借金を債務整理しようかどうか検討しているなら、まずは弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用するといいと思います。

 

法律事務所の法律相談は通常なら有料で行っていますが、債務整理などの借金案件に関しては無料相談を行っている事務所が多いです。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という複数の手続き方法があり、人によって最適な債務整理方法は違ってくるので、まずは専門家である弁護士や司法書士に相談するといいです。

 

状況によって債務整理せずに借金問題を解決できる可能性もあるので、一度は借金問題の専門家に話を聞いて、レイクアルサの借金について話を聞いてもらうといいかと思います。

 

当サイトでは借金問題や債務整理手続きに関する無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので参考になると思います。

 

メールや電話で無料相談が可能な事務所をまとめているので、「債務整理するかわからないけど、まずは話だけ聞きたい」というような方も気軽に利用することができると思います。

 

借金問題を抱えているけど、どこに相談したらいいか悩んでいるなら下記が参考になると思います。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金