セントラルからの借金が返済できないなら債務整理で借金を減額しよう!

セントラル債務整理

 

セントラルはカードローン・キャッシングを生業にしている中小の消費者金融業者です。店舗は東京、神奈川、埼玉、岡山、愛媛、香川、高知と全国に多店舗を展開しており、中小の消費者金融業者の中でも比較的規模が大きい金融業者と言えるのではないかと思います。

 

本社は愛媛県にあるということもあり、四国地方に多店舗を構えており、近年は都内にも多数の店舗を構えており、新橋や新宿、渋谷、銀座、池袋、上野などの大都市にも店舗を構えています。

 

そんなセントラルはスマホやパソコンから気軽に借入規約が可能になっているので、地元に店舗がなくても利用することができ、最短即日融資も可能になっています。またセントラル独自のCカードというカードも発行しており、全国のセブン銀行ATMから気軽に借入や返済が可能になっています。

 

貸付条件は実質年率4.8%から18%となっており、銀行系列の大手の消費者金融とそこまで大きな違いはないように感じます。

 

またセントラルは昭和48年創業ということで実は結構な老舗の消費者金融で、銀行系列の消費者金融と比較してもセントラルの方が歴史があったりもするので、利用者としては大手消費者金融以外だとこういった老舗の中小の消費者金融が利用候補になったりします。

 

そんな歴史のある消費者金融業者のセントラルなので、利用者の中には借金が返済できなくなって困っているという方もいます。借金問題の解決方法は色々ありますが、親や友人などに頼らずに借金問題を解決するなら債務整理が利用候補になります。

 

債務整理の中には裁判所を介して合法的に借金を整理できる方法もあるので、セントラルからの借金で困っているなら利用を検討する価値は十分にあります。

 

セントラルの借金を債務整理するメリットとデメリット

セントラル債務整理メリット・デメリット

 

セントラルからの借金を債務整理するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産という手続き方法がありますが、ここではそんなそれぞれの債務整理方法に共通するメリットとデメリットについて簡単に解説しようと思います。

 

セントラルからの借金を債務整理する場合の基本的な部分になるので知っておくといいかと思います。

 

セントラルの借金を債務整理するメリット

 

セントラルの借金を債務整理する一番のメリットは借金返済の負担が軽くなるという事です。多くの方はこのメリットを目的にして債務整理手続きを利用するのではないかと思います。

 

債務整理方法によって借金の減額幅や軽減方法などは違ってきますが、どの債務整理方法も借金の返済負担が軽くなるのは間違いないです。

 

どの債務整理方法を利用するかというのは借金額や収入額、資産状況によって違ってくるので詳細は下記のそれぞれの債務整理手続きの項目を参考にしてください。

 

また、債務整理をするとセントラルなどの金融業者からの取立てをストップできるというメリットもあります。債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると受任通知がセントラルに送られることになり、そのことによって借金の窓口が担当の弁護士や司法書士になるので、本人に直接取立てを行うことが禁じられます。

 

そのため債務整理をすることによってセントラルからの借金の取立てをストップすることができ、借金返済の圧力から解放されることになります。

 

セントラルの借金を債務整理するデメリット

 

セントラルの借金を債務整理する場合の一番の大きなデメリットだと感じるのは、弁護士や司法書士への依頼費用がかかるということです。個人でも債務整理は可能ですが、手続きが複雑すぎて素人が手続きするのは困難です。節約のために自分でやって、結局は挫折して弁護士や司法書士に依頼したという方は少なくないのではないかと思います。

 

ただ依頼費用に関しては多くの事務所で分割払いに対応しているので、そこまで大きな負担にはならないと思います。弁護士や司法書士も債務整理する人にお金がないことはわかっているので、支払い方法については柔軟に対応してくれる事務所が多いです。

 

債務整理したくても手元にお金が全くないという方も、債務整理手続き期間中は借金返済の必要がないので、その間にある程度の依頼費用を貯めることも可能です。

 

個人再生や自己破産は手続き期間が長いので、その期間中に依頼費用が貯められてしまうこともあります。債務整理はお金がなくて借金返済できない方のための手続き方法なので、お金が無い場合でも無料相談で相談くらいはしておいたほうがいいと思います。

セントラルの借金を任意整理

セントラル任意整理

 

セントラルの借金を債務整理の中の一つである任意整理によって整理する場合について解説します。

 

そもそも任整整理とは何ぞや?ということですが、任意整理は債権者と債務者が交渉して借金の利息を免除したり、毎月の返済額を小さくするなどする債務整理方法で、具体的にはセントラルの担当者とこちらが依頼した弁護士や司法書士が交渉して、借金返済条件をこちらに有利になるように変更してもらうという債務整理方法になります。

 

特徴して債権者1件ごとに依頼することができるということや、持っている資産は問われない、借金理由についても問われないなどの特徴があります。

 

任意整理は他の債務整理方法とは違って裁判所が関係してこないということもあり、手続き期間は短いですし、借入先がセントラルを含めた数件程度なら依頼費用を個人再生や自己破産よりも安く済みます。

 

また生活への影響も小さいということもあり、セントラルの借金を債務整理する場合には一番の利用候補になる債務整理方法だと思います。

 

ただ借金の減額幅は大きくないので、借金額が大きいという方や、多重債務でセントラル以外にも多数の金融業者などから借入があるようなケースだと任意整理は対処しきれない可能性もあります。

 

参照:任意整理の詳細情報はこちら

セントラルの借金を個人再生

セントラル個人再生

 

セントラルからの借金を個人再生するとどうなるのでしょうか?

 

個人再生は任意整理とは違い裁判所で手続する債務整理方法なので、手続きに時間がかかってしまうという特徴があります。ただその分だけ借金の減額幅は任意整理よりも大きいです。

 

個人再生は裁判所で手続して再生計画案に沿った返済を進めていくという債務整理方法で、任意整理のように債権者ごとに手続きするというものではなく、セントラルを含めた全ての借金をまとめて債務整理する手続き方法になります。

 

そのため任意整理とは違って、どちらかというとセントラルを含めた数件の借入先で手続する債務整理方法というよりは、借金額大きくて借入先が多い多重債務者向けの債務整理方法という感じがします。

 

実際に個人再生は借金額が多きければそれだけ借金の減額幅が大きくなり、借金額によっては最大で借金を10分の1まで減額することもできます。これだけ借金を減額できるのは自己破産以外にでは個人再生くらいだと思います。

 

また個人再生だと借金を大幅に減額できるだけでなく、住宅ローンについては住宅ローン特則によって除外されるので、家をそのまま残しながら借金を減額できるというメリットもあります。また自動車も借金の減額幅は減少するかもしれないですが残すことが可能です。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

セントラルの借金を自己破産

セントラル自己破産

 

セントラルからの借金を自己破産する場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

自己破産は何となくどんな債務整理方法なのか知っている方も多いかと思いますが、自己破産は裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所が免責を認めることによって借金返済の義務が免除されるという手続き方法になります。簡単言うと事実上借金がゼロになるということです。

 

自己破産は個人再生と同様に個別に借金問題を整理するというものではなく、全ての借金を対象に整理するという債務整理方法なので、セントラルからの借金だけでなく他の借金もまとめて支払い免除にして返済の必要がなくなります。

 

こうしてみると「最初から自己破産して借金問題を解決してはどうか?」と思う方もいると思いますが、自己破産は結構利用条件が厳しかったりします。そもそも自己破産は支払い不能状態で返済の見込みがないような経済状況でないと免責が出なかったりします。

 

またギャンブルや浪費、投資などのような借金理由だと免責不許可事由に該当してしまい、自己破産しても免責が認められず借金がそのまま残ってしまう可能性があります。

 

さらに自己破産すると持ち家や自動車などの高額資産が没収されてしまったり、手続き期間中に職業制限が生じる可能性があるなど、生活に影響するようなデメリットが多いので、単純に借金が免除になるということで気軽に利用するにはハードルが高い債務整理になっています。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

債務整理後にセントラルから借入は可能?

セントラル債務整理後借入

 

債務整理後にセントラルからの借入は可能なのでしょうか?

 

これまでセントラルなどの消費者金融から借金する生活が当たり前だったという方からすると、債務整理後に借入ができなくなってしまうと不安に思う方もいると思います。

 

しかし結論を言ってしまうと、債務整理後だとすぐに新たに借入することは難しいと思ったほうがいいと思います。

 

債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されることになるので、借入審査を申し込んでも落ちる可能性が高くなるので、信用情報がブラックリストに登録されている間は借入審査を受けても落ちると思ったほうがいいです。

 

ちなみに信用情報とは借金の履歴のようなもので信用情報機関でデータベースとして保管されており、その情報が金融業者の間で共有されて、借入審査などに利用されたりしています。そのため債務整理の対象になってない金融業者も債務整理したという経歴を知ることになります。

 

ただ信用情報がブラックだからといってお金を貸してはいけないという決まりがあるわけではなく、信用情報がブラックだったとしても金融業者の裁量によって貸し出しは可能です。大手の消費者金融だとある程度は機械的に審査していると思うので、信用情報がブラックだと問答無用で審査に落ちる可能性が高いということです。

 

しかしセントラルのような中小の消費者金融業者だと、信用情報がブラックだったとしても、借入額が小さかったり、借金の返済余力があるようなら、場合によって借りられる可能性もあります。ただあくまでもセントラルの裁量によるものなので、必ず借りられるというわけではないということは覚えておきましょう。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

セントラルからの借金を家族にバレずに減額したい!

セントラル家族に内緒債務整理

 

セントラルからの借金を家族に内緒でバレずに債務整理することは可能なのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと利用する債務整理方法によっては家族に内緒でバレずに手続きすることが可能だと思います。

 

あくまでも私の感覚ですが、個人再生や自己破産などの債務整理方法は家族に内緒で債務整理するのはハードルが高いですが、任意整理なら家族に内緒で借金を整理できる可能性は十分にあるのではないかと思っています。

 

個人再生や自己破産は裁判所が関係するので書類や連絡などによって家族に手続きがバレる可能性があり、そこから借金のことが知られる可能性があります。またこれらの債務整理方法は資産調査などが行われたり、手続きが非常に複雑なので、手続きをの中で借金のことがバレる可能性が高いです。

 

特に自己破産は自動車や持ち家が没収されるので、こういった資産があった場合には確実に家族にバレるのではないかと思います。

 

一方で任意整理は他の債務整理方法と比べて手続き期間が短いだけでなく、裁判所が関係してこないというメリットがあり、さらに資産調査がなく、持ち家や自動車などの高額資産も残しながら手続きすることができるとうメリットがあります。

 

そのため任意整理なら同居家族がいたとしても、生活に大きな変化は起きないので、家族に内緒にしながらバレずに手続きすることができる可能性が高いです。

セントラルの借金を債務整理するなら無料相談から!

セントラル債務整理無料相談

 

セントラルからの借金を債務整理したいと考えているなら、まず最初にやるべきことは弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用することです。

 

債務整理手続きは基本的に弁護士や司法書士に依頼して手続きしてもらうことになるので、まずは弁護士や司法書士の無料相談を利用するのが一番最初の手順になってきます。

 

いきなり手続きを依頼するという方もいるかもしれないですが、何も知らない状態でいきなり弁護士や司法書士に手続きを依頼するのってハードルが高いと思います。そのため最初は無料相談を利用して、債務整理がどんな手続きで、依頼費用がどの程度で手続き期間がどのくらいなのかなどの詳しい話を聞いておくといいかと思います。

 

無料相談利用することで専門家に借金の悩みを相談することもできるので、精神的にもかなり楽になると思います。依頼については無料相談して納得できたら依頼すれば良いので、不安なら依頼しないという選択肢もあります。

 

当サイトではセントラルの借金を含めた借金問題に対応している弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。無料相談に対応しているので、借金問題を抱えているなら気軽に相談することができます。

 

メールや電話による無料相談が可能な事務所を載せているので、スマホやパソコンから空いている時間に気軽に相談することができます。相談先で悩んでいるなら下記を参考にしてください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア