ジェイスコアからの借金が返済できないなら債務整理で借金を減額しよう!

ジェイスコア債務整理

 

ジェイスコアという消費者金融業者についてはあまり聞き慣れないという方もいるかと思いますが、ジェイスコアはみずほ銀行とソフトバンクが設立した合弁の消費者金融業者になります。

 

これまでの大手消費者金融業者とは違って、ローン審査にAIを活用しているという違があり、AIを活用することによって審査コストをダウンしたりして、フィンテックを活用した個人向けの新しい金融サービスを行っています。

 

利用者としては背後にみずほ銀行やソフトバンクという大手起業が控えているということもあり、安心して利用することができるため、新しい消費者金融ですが利用者は増えてきています。

 

ジェイスコアは比較的新しい金融業者ということもあり、ネットで簡単に申し込み審査を受けることができ、最短30分くらいで審査が完了し、即日融資にも対応しています。また初めての契約だと最大30日間利息実質0円というサービスも行っています。

 

そもそもジェイスコア自体が金利が他の消費者金融と比べて安いので利用するメリットは大きいと思います。

 

ただ利用しやすい消費者金融ということで、中には途中で借金を返済することができなくなってしまって、借金を滞納したり返済に困っている方も少なくないです。

 

そういった場合には債務整理による借金を整理を検討するといいと思います。債務整理ならジェイスコアからの借金を減額や免除することができるので、借金問題解決の糸口になると思います。

 

ジェイスコアの借金を返済できないとどうなる?

ジェイスコア借金返済できない

 

ジェイスコアは消費者金融の中では比較的金利が安い方ではありますが、それでも消費者金融なので借金の利息負担は重いです。

 

そのため借金額が大きくなってしまうと、借金の利息を返済するだけで精いっぱいになってしまって、借金の元本が全く減っていかないという事態になってしまう可能性があります。

 

そして最終的には借金の利息返済も難しくなってしまって借金を滞納することになりかねないです。では仮にジェイスコアの借金を滞納するとどのようなことになるのでしょうか?

 

ジェイスコアの借金を滞納するとどうなる?
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 遅延損害金(延滞利息)がかかる
  • 給料や資産が強制執行で差し押さえられる

 

信用情報がブラックリストに登録

 

ジェイスコアの借金を滞納すると信用情報がブラックリストに登録されてしまいます。

 

信用情報は借金の履歴書のようなもので、信用情報機関を通じて登録されている消費者金融や銀行、カード会社などに情報共有されることになるので、借金を滞納していることが他の金融業者にも知られていることになっています。

 

当然ですが借金を滞納している方にお金を貸す業者はいないので、借金を滞納して信用情報がブラックという状況だと、新たに借金やローンが組めなくなったりクレジットカードが作れないというデメリットを受けることになります。

 

ちなみに借金を滞納するだけでなく、債務整理手続きで借金を整理しても信用情報はブラックリストに登録されているというこは知っておきましょう。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

遅延損害金(延滞利息)がかかる

 

ジェイスコアの借金を滞納すると遅延損害金(延滞利息)がかかることになります。

 

ジェイスコアに限ったことではなく、一般的に借金を滞納すればペナルティとして利息がその分かかってしまうというのは普通のことです。

 

ただ消費者金融のように元から借金の利息が高めの借金だと、遅延損害金の負担も大きくなってくるので注意が必要です。滞納期間が長くなると遅延損害金の金額が思ったよりも大きくなってしまって、完済することが不可能な金額になってしまう可能性もあります。

 

ちなみに遅延損害金を含めた借金の利息は債務整理手続きで免除することができるので、利息負担が重いと感じているなら、債務整理を検討してはどうでしょうか。

 

給料や資産が強制執行で差し押さえられる

 

ジェイスコアなどの借金を滞納すると最終的には裁判になってしまって、資産や給料などが強制執行によって差し押さえられることになります。

 

ジェイスコアに限らず消費者金融やカード会社などは借金をずっと滞納し続ければ裁判に訴えて最後の手段として資産や給料を差し押さえに来ます。こういった業者は仕事でお金を貸しているので、貸し倒れになったら損になるため、少しでも損を減らすために資産を差し押さえに来ます。

 

ただ強制執行による差し押さえの前には、借金の督促で電話や手紙などによる通告が行われるので、ある程度のそろそろヤバイという雰囲気は感じることができると思います。

 

資産が差し押さえられると困りますが、給料が差し押さえられると生活費が減るのはもちろんですが、借金を滞納していることを会社の人に知られることになり、会社での立場がなくなってしまう可能性があります。

 

ちなみに強制執行による差し押さえは債務整理方法によってはストップすることが可能なので、強制執行による差し押さえの可能性があるなら早めに債務整理を検討したほうがいいです。

ジェイスコアの借金を任意整理

ジェイスコア任意整理

 

ジェイスコアなどの消費者金融からの借金を債務整理で減額する場合に一番の利用候補になるのが任意整理だと思います。

 

任意整理は弁護士や司法書士などの債務者から依頼された専門家が、ジェイスコアなどの債権者と交渉して借金返済の条件を変更してもらうという債務整理方法で、債務整理手続きの中で珍しく裁判所が関係しない手続き方法になります。

 

任意整理を利用することによってジェイスコアからの借金の利息を免除してもらうことができたり、返済期間を延ばして毎月の返済額を小さくしてもらうことが可能です。

 

借金の元本などが大幅に減額されるという可能性は小さい債務整理方法ですが、ジェイスコアのような消費者金融は借金の利息負担が大きいので、借金の利息を免除してもらうだけでも結構大きな負担軽減につながります。

 

そのため借金内容がジェイスコアのような消費者金融やカードローンなどが中心の場合だと特におすすめできる債務整理方法だと思います。

 

依頼費用も個人再生や自己破産などの債務整理方法と比べると安く抑えられる可能性が高いので、債務整理の利用を検討しているなら、とりあえずは任意整理を最初に検討するといいのではないかと思います。

 

参照:任意整理の詳細情報はこちら

ジェイスコアの借金を個人再生

ジェイスコア個人再生

 

ジェイスコアからの借金額が大きかったり、ジェイスコア以外にも複数の金融業者などから借金があって、任意整理では借金が完済しきれないようなケースに利用候補になるのが個人再生です。

 

個人再生は任意整理よりも借金の減額幅が大きく、借金の利息だけでなく、借金の元本も大幅に減額することができるので、借金額が大きい方に向いている債務整理方法になります。ジェイスコア以外の借金もまとめて個人再生で債務整理することができるので、多重債務で困っている方にも最適です。

 

ただ個人再生は任意整理とは違って債務整理する借金を対象を選ぶことができないという問題があるので、借金の中に債務整理したくないものがあったとしてもまとめて整理されることになります。

 

しかし住宅ローン特則という制度を利用すると、住宅ローン例外的に残したままで借金を整理することができるので、持ち家を残しながら大幅に借金を減らすことができます。

 

他にも自己破産のように借金理由を問われずに利用することができるというメリットもあるため、自己破産を利用したくても利用できない方が、自己破産の次に借金の減額幅が大きい個人再生を利用するというケースもあります。

 

借金の減額幅も大きく、自己破産ほどのデメリットもないので、バランスの良い債務整理方法なのではないかと思います。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

ジェイスコアの借金を自己破産

ジェイスコア自己破産

 

ジェイスコアからの借金額が大きく、さらに複数の金融業者から借金している多重債務者だったり、仕事をクビになってしまったり、何かの事情で退職して収入が全くないような状況で借金返済が難しいという場合に利用を検討したいのが自己破産です。

 

自己破産は裁判所から免責が認められると借金返済の義務がなくなるという債務整理方法なので、裁判所から免責が認められばジェイスコアからの借金を含めた全ての借金が整理されて実質ゼロということになります。

 

そのため多重債務で借金返済できないくらい借金額が大きかったとしても、あっさりと借金問題を解決することができます。そのため最強の債務整理方法と言ってもいいと思います。

 

ただ自己破産のような強力な債務整理方法は簡単に利用できるわけではなく、借金理由がギャンブルや浪費、株やFXなどの投資というようなケースだと裁判所が免責を認めないこともあります。他にも支払い不能状態ではなく、自己破産しなくても完済の見込みがあるようなケースでも免責が認められないこともあります。

 

また自己破産すると高額資産が没収されてしまうので、持ち家や自動車などの高額資産があると没収されてしまう可能性が高いので、生活環境が大きく変わってしまう可能性があります。

 

しかし多重債務などの借金問題を一気に解決できるという意味では、借金額が大きい方にはおすすめな債務整理方法と言えます。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

債務整理後にジェイスコアから借入は可能?

ジェイスコア債務整理後借入

 

債務整理後に何かの事情で借金が必要になった場合に、ジェイスコアから借入が可能なのか気になる方もいると思います。

 

最初に結論を言ってしまうと、債務整理後すぐにはジェイスコアなどの金融業者から借金することは不可能です。理由は信用情報がブラックリストに登録されてしまっているからです。

 

信用情報のブラックリスト登録は、借金を滞納するだけではなく、債務整理手続きをしても登録されてることになるので、債務整理後すぐに新たな借金をすることは難しいです。ただ最低でも5年経過すればブラックリストから削除される可能性があるので、その後は普通に借入が可能です。

 

これはジェイスコアに限ったことではなく、一般的な金融業者も同様に対応になるので、信用情報がブラックという状況だと普通の金融業者から借金することは難しいと思ったほうがいいです。

 

もし信用情報がブラックという状況でお金の貸し付けができる金融業者があるとしたら、それは闇金業者になります。闇金業者だと「ブラックでも貸し出し可」などの信用情報がブラックでも積極的に貸し出しを行えるという宣伝文句でお金を貸してきます。

 

闇金からの借金は債務整理では減額や免除することが難しいので、闇金対応を専門的にやっている事務所に対応をお願いすることになるので非常に面倒なことになります。

ジェイスコアからの借金を家族にバレずに減額したい!

ジェイスコア家族にバレずに債務整理

 

ジェイスコアのようなネットで簡単に借入手続きが可能な金融業者だと、家族に内緒で借金をしている方も多いです。

 

最近の消費者金融はネットで簡単に借入が可能で、郵送物のやり取りなどもなく簡単にお金を借りることができるので、家族に秘密でいつの間にかお金を借りてしまい、借金額が大きくなってしまって返済できなくなるというケースは珍しくはないです。

 

ただ一人では完済が難しい状況ということは借金額がも結構大きな金額になっていると思います。そうした借金が返済できないということで家族に相談したらどうなるのかということです。場合によっては離婚問題まで発展してしまう可能性もあります。

 

そのため自分で借金問題を解決するのが最善の方法ですが、借金額がによっては簡単に解決することができないですし、誰か知り合いに相談するとそこから家族に借金のことがバレる可能性があります。

 

そこで債務整理を利用して借金を整理するということを考えることになります。一番の利用候補になるのは任意整理です。

 

個人再生や自己破産だと裁判所が関係してくるので、手続き書類が裁判所から送られてきたり、資産調査などによって手続きのことがバレてしまい、そこから借金のことがバレてしまう可能性があります。

 

しかし任意整理は裁判所が関係しない債務整理方法で、債権者と債務者の間の交渉で完結する債務整理方法なので、家族に内緒でバレずに借金を整理することができます。

ジェイスコアの借金を債務整理するなら無料相談から!

ジェイスコア債務整理無料相談

 

ジェイスコアの借金を返済できない状況になってしまって債務整理手続きを利用することを検討しているなら、まずは無料相談を利用することが第一歩になります。

 

債務整理手続きは弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的なので、まずは専門家である弁護士や司法書士の無料相談を利用して、自分の借金状況などを詳しく説明して借金問題の解決方法を相談するといいと思います。

 

債務整理手続きを正式に依頼する前なら無料相談で詳しい話を聞くことができるので、最適な借金問題の解決方法や、債務整理手続きによってどの程度借金を減額することができるかなど、具体的な借金問題解決の方法について専門家に相談してみてはどうでしょうか。

 

当サイトでは債務整理手続きや借金問題について無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。相談先で悩んでいるなら相談候補になると思うので参考になるかと思います。

 

メールや電話で無料相談が可能な事務所をまとめているので、「債務整理するかわからないけど、まずは話だけ聞きたい」というような方も気軽に利用することができると思います。

 

ジェイスコアなどの消費者金融やカードローンの借金で悩んでいるならまずは気軽に無料相談を利用してはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア