債務整理の依頼費用の相場はどれくらいなの?

債務整理依頼費用相場

 

債務整理の依頼費用が払えるのか不安になる人は多く、依頼費用が払えるのは不安になってしまって債務整理手続きをすることができないっていう人は結構多いです。

 

 

では具体的に債務整理の依頼費用の相場はどれくらいなのでしょうか?

 

「過払い金返還請求」「任意整理」「個人再生」「自己破産」に分けてそれぞれ解説していこうと思います。

 

債務整理の依頼費用の相場

 

過払い金返還請求の依頼費用相場

 

・過払い金回収額の約20%

 

過払い金返還請求に関しては依頼費用は成功報酬だけという事務所が多く、多くは回収できた過払い金の20%という事務所が多いように思います。

 

過払い金に関してはほとんどの法律事務所でこれくらいの依頼費用相場なので、法律事務所間でもでも大きな違いはないと思います。

 

任意整理の依頼費用相場

 

・着手金:2万円から5万円
・報奨金:2万円から5万円
・減額報酬:10%

 

任意整理に関しては着手金だけ5万円を請求している事務所だったり、着手金2万円、報奨金2万円など両方請求している事務所など事務所によって依頼費用のバランスが違ってきます。

 

ただ着手金が高額な事務所は報奨金を設定してなかったりするので、着手金と報奨金を合計すると5万円から7万円くらいに収まるケースが多いです。

 

 

個人再生の依頼費用相場

 

・着手金:50万円以上

 

個人再生は小規模個人再生と給与所得者等再生によっても依頼費用が違ってくる可能性もありますが、住宅ローン特則を利用するかによっても大きく料金が変わってきます。

 

住宅ローン特則を利用するとプラス10万円くらい必要になると思ったほうがいいです。ちなみに住宅ローン特則を利用すると家を残しながら個人再生で借金を整理することができます。

 

自己破産の依頼費用相場

 

・着手金:50万円以上

 

自己破産に関しては同時廃止、管財事件、少額管財事件という手続き方法があり、それぞれの手続き方法によって依頼料金が変わってきます。同時廃止の場合は手続きが簡便化されるので上記の料金よりも安くなる可能性があります。

 

逆に管財事件は手間がかかるので上記の料金よりも高くなる可能性があります。どの手続き方法になるかはその人の借金状況によって変わってくるので、無料相談を利用して確認するといいです。

 

債務整理の依頼費用の相場は上記のような感じになります。

 

債務整理に関しては手続きなので、法律事務所によって手間が変わってくることはないことから、そこまで大きく法律事務所ごとに依頼料金が変わるということは少ないです。

 

ちなみに弁護士と司法書士でも依頼料金に差があるので注意が必要です。

 

基本的には司法書士の方が依頼料金が安い傾向にありますが、司法書士は裁判所で手続きが行えなかったり、取り扱える借金額に制限があったりして、利用が難しい場合もあるので注意しましょう。

 

債務整理を安い費用に抑える方法

債務整理安い費用

 

債務整理の依頼費用を見ると、個人再生や自己破産の依頼費用相場は50万円近くになることから依頼費用が払えないのではと思う人も多いと思います。

 

しかし実際には手元にお金がまったくない人でも債務整理の依頼料金をしっかりと支払っているんですよね。

 

法律事務所の方でも債務整理を利用する人にお金がないということはあらかじめ知っているので、依頼費用の支払いに関してはある程度相談に乗ってくれる事務所が多いです。

 

債務整理を安い費用で利用する4つのポイント

 

初期費用0円の事務所を利用する

 

債務整理を利用して借金を整理したいけど、手元にお金がまったくないという状況で債務整理をあきらめている人がいますが、そういう場合には初期費用0円の法律事務所を利用するといいです。

 

初期費用0円なら手元にお金がまったくない状況でも手続きを依頼することができるので、費用の心配なく債務整理することができます。

 

自己破産や個人再生に力を入れている法律事務所なら初期費用0円で対応している事務所は多いので、無料相談の際に話を聞いてみるといいです。

 

分割払い対応の事務所を利用する

 

債務整理の依頼料金は高額になるので一括で払うことができる人は少ないと思います。そのため債務整理に力を入れている法律事務所なら分割払いに対応している事務所は多いです。

 

分割回数は債務整理によって違ってきますが、高額な個人再生や自己破産の場合は最大60回払いくらいで対応してくれる場合が多いようなので、かなり返済負担は小さくなるのではないかと思います。

 

法テラスを利用する

 

初期費用0円や分割払いに対応している事務所を利用できない場合には法テラスを利用するという方法もあります。

 

法テラスの民事法律扶助制度を利用すると、法テラスの方で弁護士への依頼費用を立て替えてもらえてもらい、それを分割払いで返済していくことになります。

 

ただ法テラスの利用条件は結構厳しいので利用前に確認しておいたほうがいいです。

 

司法書士に債務整理を依頼する

 

債務整理費用は弁護士よりも司法書士の方が安いので、債務整理費用が払えないのではないかと不安に感じているなら司法書士を利用するというのも一つの手段だと思います。

 

ただ個人再生や自己破産などの裁判所で手続きする債務整理方法だと、司法書士は書類作成業務までして担当してくれず、裁判所での手続きは自分で行うことになります。もちろんアドバイスはしてくれますが、自分で手続きをする手間や失敗の可能性も考える必要があります。

 

債務整理の費用負担を抑えたいなら上記のような方法があります。

 

債務整理手続きを法律事務所に依頼すると、借金返済がストップされるので、それまで返済に支払っていたお金を依頼料金に回すことができます

 

そのため債務整理の手続き期間中に多少は依頼費用を工面することができるので、意外と小さな負担で払えてしまいます。

 

手続きには一番簡単な任意整理でも3か月以上はかかり、自己破産はや個人再生だと半年以上は普通にかかるので、その間に多少は費用の工面が可能だと思います。

弁護士や司法書士の無料相談で直接費用の相談をしよう!

債務整理費用無料相談

 

債務整理をする人の多くは、借金返済で行き詰ってしまって、借金返済が難しい状況になってしまったので、債務整理手続きによって借金負担を軽くしたり、借金を免責してもらったりします。

 

そうした人たちの中には当然ですが、仕事をなくしてしまって無職になってしまっている人もいます。しかしそうした無職の人も自己破産などを利用して借金を整理して新しい人生の再出発をしています。

 

債務整理の依頼料金が払えないから手続きをしないというのは間違いで、借金返済が厳しくてお金がない人ほど早めに手続きをしてしまったほうがいいです。

 

依頼費用については弁護士や司法書士などの専門家に相談すれば何とかしてくれると思います。

 

債務整理に慣れている法律事務所なら、依頼費用が用意できないという人の相談も数多く受けているので、そうした場合の対策方法もしっかりと用意してくれています。

 

債務整理などの借金問題案件に関しては無料相談を行っている事務所が多いので、依頼費用の支払いを含めて、一度専門家に詳しい手続き方法について話を聞いてはどうでしょうか?

 

当サイトのランキングにある法律事務所は初期費用0円や分割払い対応の事務所を数多く載せているので、手元にお金がなくても依頼できます。

 

もちろん無料相談も行っているので、とりあえず話だけでも聞いてはどうでしょうか?

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理の依頼費用の相場と安い弁護士の選び方記事一覧

債務整理をする際に弁護士か司法書士のどちらに依頼すればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。債務整理をする際には専門家に依頼して手続きすることは多いですが、その際に弁護士か司法書士のどちらに依頼するかによって、依頼費用や手続き費用が違ったりするのでかなり重要になってきます。また費用面以外でも弁護士と司法書士ど弁護士に依頼するかによって違う部分があります。では具体的に債務整理の依頼費...

債務整理をしてこれまであった借金を整理して、減額したり、返済期間を延長したりして返せる範囲にしたが、そのあとで経済状況に変化があって支払が困難になってしまって、借金返済を滞納してしまった場合にはかなりまずいことになります。ただこういったことは珍しいことではないです。任意整理や個人再生の場間だと、自己破産と違って債務整理したとしても3年くらいは残った借金を返済していくことになる場合が多いです。この3...

債務整理をする際に、弁護士費用が高額で払うことができないので債務整理することができないと思っている人が多いですが、実際には弁護士費用を払えないような経済状態でも債務整理することは可能です。実際に弁護士費用の相場をみると、どうやっても自分の経済状況では弁護士費用を工面することができないので債務整理を諦めている人が結構多いです。参照:弁護士費用の相場借金問題で返済が厳しい状態で弁護士費用も払えないよう...

債務整理を弁護士や司法書士などの法律事務所に依頼する場合に、依頼費用や料金を支払うことができるのか不安に感じるのは当然だと思います。借金返済できない状況になってしまったり、返済負担が重くて債務整理するわけなので、そこにさらに法律事務所への料金や費用が上積みされたら支払うことができるのが不安に感じるのは当然です。そこで注目されるのが分割払いや後払いが可能なのかということです。分割払いが可能なら毎月1...

債務整理の依頼費用や料金については弁護士事務所や司法書士事務所によって設定が違ってくるので安い事務所もあれば高額な事務所もあります。ただ債務整理に関しては料金システムが複雑で、利用する債務整理方法によって料金が違うのはもちろんですが、債権者の数によっても料金が変わってきたり、同じ債務整理方法でも手続き方法が違うことによって料金が変わってくることもあります。そのため実際にどれくらいの依頼料金になるか...

債務整理や借金相談を利用する場合に電話相談を利用するか、対面相談を利用するか、メール相談を利用するか悩む方も多いかと思います。弁護士や司法書士への借金問題の相談方法はいくつもありますが、電話相談は直接法律事務所に相談できるため、緊急性が高いような状況で利用するのに適している相談方法だと思います。特に財産の差し押さえなどの期限が迫っているような状況の場合は、メール相談では日数を無駄にすることになるの...

債務整理について土日や深夜、祝日などでも相談することができる弁護士事務所や司法書士事務所があれば、仕事がない時間にも相談することができるので便利だと感じる方も多いと思います。日中は仕事をしている方が多いということもあり、普通に平日の夕方までしか相談を受け付けてないような事務所だと、なかなか借金問題をすることができないと思います。そういった意味では土日深夜祝日でも借金問題や債務整理に関する相談をする...

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金