債務整理で闇金からの借金を整理できるか?

債務整理闇金

 

借金問題で深刻なのが闇金からの借金です。闇金からの借金は利息が高額なので、返済しても利息が減るのが精いっぱいで元本がなかなか減らず、ずっと借金を返済しているという方は多いです。

 

そもそも闇金って元本を減らさずにできるだけ長い間返済してもらうことで利益を出しているという部分があるので、利息だけを支払ってくれるお客というのが一番ありがたい存在です。

 

そのため金利も普通に法定金利を超えており、普通の金融業者なら過払い金返還請求を利用すれば莫大な過払い金が戻ってくることころです。

 

ではそんな闇金からの借金は債務整理することで返済負担を軽くすることができたり、返済義務をなくすることはできるのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと闇金からの借金は債務整理で減額することはできないです。というか闇金はそもそも違法なので返済義務がないんですよね

 

返済義務がないのに借金返済してしまうのは、闇金からの取立ての影響です。

 

債務整理では闇金からの取立てを止められない

 

闇金は自分たちが違法であるということがわかっているので、債務整理したとしても普通に借金の取立てをしてきます。普通の金融業者は法律を守りますが、闇金業者はそもそも違法は存在なので、債務整理の有無に関係なく取り立てをしてきます。

 

つまり債務整理をしても闇金からの取り立ては止まらないので、債務整理を闇金で整理してもあまり効果が期待できないということになります。

 

闇金を債務整理するデメリットとは?

債務整理闇金デメリット

 

闇金を債務整理することは難しく、債務整理をすることによって法律事務所が介入してくるので、そのことによって引き下がる闇金業者もいますが、すべての闇金業者がすぐに引き下がるわけではないです。

 

そもそも闇金を債務整理する場合には、どのようなデメリットがあるのでしょうか?下記でまとめたのでよかったら参考にしてください。

 

闇金を債務整理するデメリット
  • 闇金は債務整理に応じない
  • 取立てが苛烈になる可能性
  • 闇金と債務整理両方に対応している事務所が少ない

 

闇金は債務整理に応じない

 

一番根本的なデメリットは闇金は債務整理に応じないということです。任意整理は金融業者と交渉して返済条件を軽くしてもい、利息などを免除してもらう債務整理方法ですが、闇金が法律事務所と交渉するわけないです。

 

また個人再生や自己破産のような裁判所で手続きする債務整理では、闇金業者が債権者として裁判所に出向くわけないですし、仮に自己破産したとしても、それを理由に取り立てを止めることはないです。

 

そもそもが違法組織なので、法律に沿った債務整理手続きに従うわけがないということです。

 

取立てが苛烈になる可能性

 

債務整理をするということは返済に困っている状況で、借金を踏み倒す可能性があるということになるので、むしろ債務整理をすることによって闇金業者の取立てが苛烈になる可能性があります。

 

債務整理をすることによって嫌がらせや取り立てが厳しくなるというケースは実際にあるので、闇金の場合は債務整理することが逆にデメリットになる可能性があります。

 

債務整理して法律事務所が介入することで引き下がる闇金業者ならいいですが、そうでない場合には債務整理とは別に闇金業者対策をする必要があります。

 

闇金と債務整理両方に対応している事務所が少ない

 

闇金も借金問題なので債務整理を依頼した弁護士事務所や司法書士事務所で、他の借金一緒に闇金対応もしてくれないのかと思う方も多いと思いますが、闇金対応で債務整理は別だと思っておいた方がいいです。

 

実際に闇金と債務整理の両方に対応している事務所は少ないです。そのため債務整理に対応している弁護士や司法書士でも、闇金からの借金には対応できないと断っている事務所も多いです。

 

闇金業者は住所がわからなかったりすることが多く、対応するにしてもまずは事務所から探す必要があり、対応するには非常に手間がかかります。

 

そのため闇金問題を解決する場合には、債務整理とは別に法律事務所に依頼する必要があったりして面倒です。

闇金からの借金を返済しないとどうなる?

闇金借金返済できない

 

闇金からの借金は本来は返済義務がない借金なので、取り立てがあっても無視すればいいのですが、返済しないとどうなるのかわからないということで返済してしまう人は多いです。

 

闇金からの取立ては規制によって昔よりは苛烈ではなくなってきていると言われていますが、具体的に闇金からの借金を返済しないとどのようなことになるのでしょうか?

 

家や会社に取立てに来ることがある

 

最近の闇金は暴力を使わずに精神的に追い込んでくるという取り立て方法を行うことが多く、家や会社を訪れて返済を求めてくるようなこともあります。

 

直接取立てに出向かなくても会社に電話を掛けたり、家にしつこく電話をかけてきて精神的に追い込んでくるので、そういった追い込みに耐えかねてしまって返済してしまうという状況になります。

 

実際に1日に100件以上取立ての電話をされることもあり、普通に会社にも取立ての電話をかけてきます。普通は正当な理由なしに会社にまで電話して取り立てることは禁止なのですが、闇金業者はそのようなことは気にしません。

 

家族や友人に迷惑がかかる可能性がある

 

闇金業者は借金を取立てられれば家族や友人に迷惑がかかっても関係なしに圧力をかけてきます。実際に闇金から家族や友人に嫌がらせの電話が来たという事例もあります。

 

家族や友人に直接暴力的な圧力をかけることはないですが、借金している当事者としては関係ない家族や友人が自分のせいで被害にあっているということが大きなプレッシャーになります。

 

暴力行為があればすぐに警察に訴えることができるのですが、地味な嫌がらせでは警察も動いてくれない可能性もあり、精神的に追い込むというのが闇金の取立ての主流になっています。

闇金業者の見分け方とは

闇金見分け方

 

誰も好んで闇金から借金したいとは思いませんが、最近は闇金業者なのかわからない金融業者もおり、普通の金融業者だと思ってお金を借りたら実は闇金業者だったという事例も多いです。

 

実際に最近はソフト闇金という闇金もおり、対応が丁寧で普通の金融業者とわからないような感じですが、貸し付け条件や取り立てだけは闇金というような外見ではわからないような闇金業者もいます。

 

では闇金業者はどのようにして見分ければいいのでしょうか?

 

闇金業者を見分ける4つのポイント
  • 連絡先が携帯電話の番号
  • 貸し付け条件に「ブラックリストOK」
  • 貸金業登録番号の記載がない
  • 利息が利息制限法の上限金利を超えている

 

連絡先が携帯電話の番号

 

闇金業者は居場所を隠すために連絡先が携帯番号になっているというケースは多いです。ただ普通の金融機関は連絡先が携帯電話だということはありえないので、こういった金融業者は闇金だと思っていいです。

 

ある意味ではわかりやすいといえばわかりやすいですよね。090金融とも呼ばれており、こういった金融業者は100%闇金だと思ってもらっていいです

 

そもそも貸金業を行う場合には必ず事務所を持って固定電話回線を引かなくてはいけないということが決まっているので、その法律を守ってないということは正規の金融業者ではないということです。

 

貸し付け条件に「ブラックリストOK」

 

貸し付け条件からの闇金を見分けることができます。貸し付け条件に「ブラックリストOK」や「ブラックOK」などという記載があったら間違いなく闇金業者だと思っていいです。

 

債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されるので、普通の金融業者からお金を借りることができないです。そのため闇金業者はこういった普通の金融業者からお金を借りられないような人をターゲットにしています。

 

普通は債務整理をして返済の見込みが怪しい人にお金は貸さないので、そのような人に積極的にお金を貸すような業者は明らかにブラック狙いの闇金業者だと判断していいと思います。

 

貸金業登録番号の記載がない

 

貸金業は登録が必要で、都道府県や財務局から貸金業として登録を受けないと営業することはできないです。登録した金融業者はしっかりと貸金業登録番号があるのが普通です。

 

そのため貸金業登録番号が確認できないような金融業者は闇金の可能性が高いです。普通はホームページや広告などに正規の金融業者であることを示す貸金業登録番号が記載されています。

 

ただ中には偽の貸金業登録番号を掲載している業者もあるので、闇金業者ではないかと不安に思ったら下記の金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを利用して調べてみるといいです。

 

参照:登録貸金業者情報検索サービス/金融庁

 

利息が利息制限法の上限金利を超えている

元本額が10万円未満の借金 → 年20パーセントまで
元本額が100万円未満の借金 → 年18パーセントまで
元本額が100万円以上の借金 → 年15パーセントまで

 

借金の金利は上記のように利息制限法によって上限金利が決まっています。そのため上記を超えるような金利は違法金利になります。

 

昔は出資法と利息制限法の間の金利をグレーゾーン金利と呼ぶ時代がありましたが、グレーゾーン金利がダメになって過払い金返還請求によって利息の返還が広まったという経緯があります。

 

利息制限法を超える金利は違法なので返還する必要があるため、普通の金融業者は上記の金利を超えることはないです。そのため上記の金利を超えているような違法金利でお金を貸しているような場合には闇金業者だと思っていいです。

闇金からの借金問題を解決する方法

闇金解決方法

 

闇金からの借金は債務整理することができないので、他の借金のようにまとめて返済負担を軽くするということが難しく、簡単に対処することはできないです。

 

自分たちの違法性を認識しているような業者は簡単には取り立てから引き下がらないので、自分たちだけで対処しようとは思ないようにしましょう

 

闇金の借金問題を解決するには下記のような手段を検討するといいと思います。

 

警察に連絡する

 

一番わかりやすい対策方法は警察に連絡するということです。闇金業者も警察が介入するとさすがに取り立てを止めるので、警察が介入するかどうかということは非常に大きいです。

 

ただ警察は実害がない状況だと真剣に動いてくれない可能性があるので、違法取立ての証拠などを掴んでから相談する必要があります。

 

具体的には取り立ての際の音声をレコーダーで保存したり、取り立ての様子や嫌がらせの様子を動画などで保存できればわかりやすい証拠になると思います。

 

闇金対策している弁護士や司法書士に相談する

 

闇金の借金問題をしっかりと解決したいなら闇金対策を行っている弁護士や司法書士に相談するのがベストです。

 

闇金対策をやっている法律事務所は闇金対応にも慣れているので、闇金からの報復が怖いと感じている場合には警察よりもこちらに相談する方が確実だと思います。

 

法律事務所が介入すると闇金の方も手を引いてくれる可能性が高くなり、また弁護士や司法書士が警察に訴えれば、警察が動いてくれる可能性はさらに高まります。

 

闇金問題に関してはこういった専門家に相談するのが一番確実だと思います。

まとめ

債務整理闇金まとめ

 

闇金からの借金は通常の借金とは違って債務整理手続きではあまり効果を期待することができません

 

仮に自己破産しても相手が借金の取立てをやめなかったら意味がないので、闇金が取り立てを止めるような手段を考える必要があります。

 

ただ闇金から借金している方は、闇金以外にも借り入れはあると思うので、そういった闇金以外の借金を整理するために債務整理を利用する価値は十分にあります。

 

また債務整理をすることで弁護士や司法書士が依頼を受任したという受任通知が発送されるので、そのことによって取立てを諦める闇金業者もいます。

 

そのため債務整理をしてもまずは闇金以外の借金を整理し、それでも取り立てを止めない闇金業者があったら、警察や闇金対応の弁護士や司法書士頼るという流れが良いのではと思います。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金