債務整理後はスマホの契約の取扱いはどうなるのか?

債務整理後はスマホの契約の取扱い画像

 

債務整理をすると金融業者の間で利用されているデータベースの信用情報がブラックリスストに掲載されるということは、債務整理のデメリットとして知られています。

 

信用情報がブラックリストに掲載されると新規の借入れやローンが組めなくなるなのどのデメリットが生じます。

 

そのため債務整理後ブラックリストに載ってしまっても、スマホ契約は可能なのか不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

 

そんな債務整理後のデメリットの一つである、信用情報がブラックリストに掲載されるということが、スマホ契約に影響を与えるのか解説したいと思います。

 

債務整理をしてもスマホや携帯の契約が解除されることはない

 

債務整理をしていたとしても基本的にはスマホや携帯の契約が解除されることはないので問題ないと思います。

 

ただこれはスマホや携帯の分割払いしているローンがないような場合になります。

 

ある程度の長い間ずっと同じスマホや携帯電話を利用しているような場合なら、すでに端末代金の支払を終えている可能性が高いので、問題なく継続的に利用することはできます。

 

ただ毎月の支払と合わせて端末の代金も支払っているような状況だと、債務整理の方法によってはその端末代金のローンも一緒に債務整理してしまうことになる可能性があります。

 

スマホや携帯のローンを支払い中の場合は契約解除の可能性がある

 

スマホや携帯のローンを毎月の利用料金と一緒に支払っているような場合だと、債務整理によってそのスマホのローンも一緒に債務整理されてしまう可能性があります。

 

もしスマホや携帯の支払いローンが債務整理されると契約にも影響が出てしまうので、その結果として契約解除になる可能性が出てきます。

 

同じ理由でスマホや携帯の利用料金を滞納しているような場合も、債務整理によってその滞納金額が債務整理されてしまうので、契約に影響が出てしまい契約解除になる可能性があります。

ブラックリスト掲載でスマホや携帯の分割契約はできるの?

ブラックリスト掲載でスマホや携帯の分割契約画像

 

債務整理を検討している人の大きな障害になっているものの一つとして、信用情報がブラックリストに掲載されても携帯やスマホの分割購入契ができるのかということだと思います。

 

ローンやカードが作れないというのはしょうがないけど、スマホや携帯を5年間以上変えられないなどの不安は結構大きいのではないでしょうか。

 

今ではスマホは年間単位でいろいろな商品が出てきているので、5年という時間はかなりのハンデになってくると思います。というか機能的に使えなくなってくるサービスも増えてくるのではないでしょうか。

 

ではブラックリスト掲載でスマホや携帯の分割契約は可能なのでしょうか?

 

債務整理後のスマホや携帯の分割購入はは断られる可能性がある

 

債務整理をすると基本的にはローン等は断られることになるので、スマホや携帯の分割支払もローンになるので断られることになります。

 

ただ、スマホや携帯の分割購入の際にも信用情報はチェックされるみたいですが、自己破産をした人でも普通に携帯やスマホの分割購入の審査には通っているという話もあったります。

 

ブラックリストは民間の信用情報なので、ブラックリストに載ったらその人とは契約してはいけないという強制力のあるものではないです。

 

スマホや携帯の場合だと、顧客争奪競争が激しいので、ブラックリストに載っていても企業は気にせずに契約しているということもあるようです。

 

これは会社によって対応が違ってくる可能性があるので何とも言えないですね。

 

スマホや携帯の一括購入なら債務整理後も問題なく利用できる

 

もしも債務整理後にスマホや携帯の分割購入が断られた場合には、頑張って一括購入するかしかないかもしれないですね。

 

まあ、最近だと割と安いスマホも出てきているので、債務整理後でお金がないような場合には無理して高いスマホを購入するのではなく、ある程度のリーズナブルなスマホを利用した方が現実的かもしれないですね。

 

とは言っても、スマホや携帯はライフラインなのでいいものを使いたいという人もいると思います。

 

ではスマホや携帯の契約に影響を与えずに債務整理する方法はないのでしょうか?

スマホや携帯の契約に影響を与えずに債務整理する方法

スマホや携帯の契約に影響を与えずに債務整理する方法画像

 

スマホや携帯を利用できなくなったり、スマホや携帯の分割購入ができなくなる可能性が生じる理由は、債務整理によってスマホや携帯に関するローンが減ってしまったり免責されてしまうからです。

 

そのためスマホや携帯に関するローンに影響を与えずに債務整理すれば問題ないのではないでしょうか?

 

つまり借金やローンによって債務整理するかどうか選択できるような債務整理方法を選べばいいということになります。

 

スマホや携帯に影響を与えない任意整理という債務整理方法

 

任意整理は自分で債務整理の対象にするローンや借金を選択できる債務整理方法になります。

 

そのためスマホや携帯の契約が解除されるのではないかと不安な場合には、任意整理を利用して、スマホや携帯のローンについては債務整理から除外するようにすれば問題なくなります

 

そうすることによってその後しっかりと支払を行っていけば、債務整理後も引き続きスマホや携帯を引き続き利用することができるということになります。

 

逆に個人再生や自己破産の場合だと債務整理の対象がすべての借金やローンになってしまうので注意が必要になってきます。

 

一番安心なのはスマホや携帯の料金を滞納せずに、端末のローンもしっかりと払い終えてから債務整理するということでしょうかね。

 

個人再生や自己破産する場合はあらかじめ弁護士などの専門家にスマホや携帯の取扱いについて質問して見てはどうでしょうか。

 

当サイトでは債務整理などの借金問題に慣れている全国対応の弁護士事務所の中で無料相談に応じている弁護士事務所をピックアップして載せています。

 

公式サイトから専用のメールフォームで気軽に質問することができるので利用してはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納