債務整理を行う危険な整理屋や紹介屋に注意しよう!

債務整理を行う危険な整理屋や紹介屋画像

 

債務整理は法的な手続きなので危険性はないと思っている人も多いです。しかし実際には知らないと危険に巻き込まれるかもしれないことはいくつかあるんですよね。

 

そういった中で、借金を整理する危険な整理屋や紹介屋という存在がいるということをご存知でしょうか。

 

現在では少なくなっていますが、町の電柱やチラシで「借金でお悩みの方はこちらへ」というようなものを見たことはないですか?

 

こういった借金を整理すると謳っている業者は危険な整理屋や紹介屋の可能性があります。

 

危険な整理屋や紹介屋は債務整理をする際の弁護士費用が高額だということを利用して、安く借金を整理しようという謳い文句で借金を抱えている人を騙してお金を巻き上げるような輩になります。

 

整理屋とは?

 

整理屋は債務整理して借金を減らしてあげようと言って近づいてくる弁護士資格のない業者のことで、債務者から手数料を騙し取って、実際には債務整理などは行なわないというものです。

 

つまり事前の手数料だけ取ってしまって、あとは雲隠れするという典型的な詐欺の手口になります。

 

過払い金請求が話題になった際には、過払い金請求をエサにしてこういった整理屋の手口で騙された人も少なくないようです。

 

ただ現在はそこまで頻繁に行われている詐欺手口ではないです

紹介屋とは?

 

紹介屋は整理屋よりもさらに悪質で危険な存在です。

 

借金が増えてしまってどうにもならない人は、正規の金融業者から借金を断られてしまうことが多いです。やはり借金を滞納していると、普通のまともな金融業者はお金を貸さないのが当然のことです。

 

こういったお金を貸してくれないような債務者の状況につけこむのが紹介屋です。

 

紹介屋はこういった正規の金融業者がお金を貸してくれない状況の人に、ヤミ金などの悪徳金融業者を紹介して、法定利息を超えた金利でお金を貸してくるというものになります。

 

お金に困っている人はこういった紹介屋からヤミ金業者を紹介されてお金を借りてしまうことがあり、非常に危険な存在です。

 

整理屋も紹介屋も借金問題で苦しんでいる人からさらにお金を巻き上げるというのが特徴です。

 

「格安で借金を棒引きにする」などの言葉に騙されてしまって危険な整理屋や紹介屋に関わってしまう人が多いので、そういった甘い話があったらまずは疑うようにしましょう。

 

債務整理は連帯保証人の影響で人間関係が壊れる危険性がある

債務整理は連帯保証人の影響で人間関係が壊れる危険性がある画像

 

債務整理を行う場合には、連帯保証人による人間関係破綻の危険性があります。

 

危険な整理屋や紹介屋については、明らかに怪しい業者などに関わらないようにすれば問題ないのですが、連帯保証人についてはどうしようもない厄介な危険性といえます。

 

借金をする際に連帯保証人をつけてお金を借りたという人もいるのではないでしょうか。

 

借金に連帯保証人を求めるようなケースは珍しいことではなく、代表的なものだと奨学金などが代表的な連帯保証人が設定されている借金といえます。

 

では連帯保証人が設定されているような借金を債務整理するとどうなのでしょうか?

 

連帯保証人に返済の請求が行くようになる

 

連帯保証人が設定されているような借金を債務整理してしまうと、金融業者はその人から借金取立てることができなくなってしまうので、連帯保証人の方に返済を要求するようになります。

 

連帯保証人になっている人はこの借金を返済する義務を負うことになるので、返済を断ることはできないんですよね。

 

連帯保証人になった側としては、いきなり自分には関係のない借金が請求されてくるわけなので、債務整理をした人とトラブルになるのは当然ですよね。

 

こういったお金の問題によって人間関係が壊れる危険性は普通にあることなので注意が必要です。

 

では連帯保証人が設定されている借金を抱えている人は苦しみながら一生返済していかないといけないのでしょうか?

 

連帯保証人が設定されている借金以外の借金を整理する

 

連帯保証人が設定されている借金については、債務整理するとどうやっても連帯保証人に迷惑をかけることになってしまうのでどうしようもないです。

 

そのため連帯保証人が設定されている借金以外の、連帯保証人が設定されてない借金だけを整理するという方法もあります。

 

任意整理は、債務整理する借金を選ぶことができるので、連帯保証人に迷惑を欠けたくないようなら任意整理を選択するといいです。

 

参照:任意整理での借金返済について

 

債務整理前にあらかじめ連帯保証人に相談しておく

 

連帯保証人に黙って勝手に債務整理したら、連帯保証人に突然莫大な借金が降りかかることになるので、人間関係崩壊の危険が生じるのは当然のことです。

 

そのためもし、どうしても連帯保証人が設定されているような借金を返済できなくなってしまった場合には、あらかじめ連帯保証人に相談することが大事になってきます。

 

連帯保証人の方もあかかじめその人の借金の状況を知ることができれば、あなたに返済についてのアドバイスをしてくれたり、返済の助けになってくれる可能性もあります。

 

人間関係を壊さないことはもちろんですが、相手に迷惑をかける可能性があるならしっかりと相手に誠意を見せることは大事なことです。

債務整理で借金が減らない危険性を知ろう!

債務整理で借金が減らない危険性画像

 

債務整理をすると必ず借金が免責されたり、減少したりすると思っている人も多いですが、すべての借金が減少したり免責されると思ったらそれは大きな間違いです。

 

債務整理しても減少しない借金や債務があるということを知らない人は意外と多いです。そのため債務整理をしても借金が減らないという危険性があるので注意しましょう。

 

では具体的にどういった借金が債務整理しても減少したり免責されなかったりするのでしょうか?

 

税金や罰金が多い場合には借金が減らない可能性が高い

 

税金による借金や罰金などによる債務が多い場合には、債務整理したとしても借金が減らない可能性が高いです。

 

特に税金を滞納している人は多いのではないでしょうか?

 

多くの人は消費者金融の借金を先に返済しようとして、税金を滞納しているケースが意外と多いです。

 

しかし税金は債務整理しても減ることはないので、税金による借金が多い場合は債務整理したとしても借金が減らない危険性があります。

 

同様の理由で罰金や慰謝料なども債務整理で免責されることはないので注意が必要です。

 

債務整理すると無条件で借金が減少したり免責されたりすると思っている人も多いですが、税金関係の借金が多い場合には、債務整理しても借金が減らない危険性があるということを知っておきましょう。

 

こういった債務整理しても借金が減らない可能性があることを知らないと、債務整理しても逆に弁護士費用がかさんでしまって、後悔する危険性があるので注意しましょう。

債務整理をする前には弁護士の無料相談を利用すると危険回避に繋がる

債務整理をする前には弁護士の無料相談を利用すると危険回避に繋がる画像

 

債務整理をするまえに予めしっかりと弁護士による無料相談を利用することが上記のような債務整理の危険性を回避することに繋がってきます。

 

特に整理屋や紹介屋などの詐欺業者については、弁護士の無料相談を利用すれば、そういった詐欺業者がいることなどもわかります。

 

また無料相談ができるなら整理屋や紹介屋にいきなり相談する理由なんてないですよね。

 

借金問題については弁護士事務所では無料相談を受け付けている所が少なくないのですが、何となく弁護士に相談するとお金をとられると思っている人が多いみたいで、いきなり債務整理しようとする人も珍しくないです。

 

しかしいきなり債務整理すると、債務整理後にあまり借金が減ってなかったり、自分の予想してなかったデメリット生じるなどの危険性があるので注意が必要です。

 

当サイトでは債務整理を含めた借金問題について無料相談できる全国対応の弁護士事務所をいくつかピックアップしているので、債務整理前に一度相談してはどうでしょうか。

 

無料相談したからといって債務整理しないといけないということはないので、まずは気軽に相談するといいと思います。

 

公式サイトでは専用のメールフォームがあるので、直接電話することなどに抵抗がある場合には、気軽にメールで聞いてみるといいと思います。

 

債務整理が可能な弁護士事務所は下記になります!

 

無料相談対応の弁護士事務所はこちら