債務整理と任意売却の違いとは

債務整理任意売却違い

 

住宅ローンが払えなくなってしまった場合には、最終的には住宅が競売にかけられてしまって家失うことになり、競売後に精査した残りの金額を支払っていくことになります。

 

債務整理は弁護士や司法書士などに依頼して、借金を減額してもらったり免除してもらう手続きのことで、借金問題を解決する手段としてよく利用されている手続きになります。

 

債務整理を利用すれば、何かの事情で住宅ローンが払うことができなくなってしまったとしても借金を整理することで再び住宅ローンを払えるようになる可能性も出てきます。また競売後に残った借金を債務整理で減額したり免除するという方法も考えられます。

 

一方で任意売却は債権者と債務者の間に不動産業者などの仲介者が入って、不動産を競売で売却せずに、債務者・債権者・不動産の購入者が納得するという形で取引を成立させる方法になります。

 

どちらも住宅ローンの支払いが難しくなってしまった場合に利用が検討される手続き方法ですが、それぞれどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

任意売却なら競売よりも売却条件が有利になる

任意売却メリットデメリット

 

住宅ローンが払えなくなってしまって滞納を続けると、最終的には持ち家が競売にかけられることになってしまいます。

 

そして競売によって得られたお金が住宅ローン返済に充てられて、残った借金を返済していくというのが一般的な流れになります。これだけ見ると普通の流れなのではないかと思う方もいると思います。

 

ただ住宅ローン滞納による競売ではかなり安い価格で不動産が買い叩かれててしまうので、その分だけ残る借金が多くなってしまって不利になることが多いです。そのためできることなら競売は避けるべきだと思います。

 

そこで利用が検討されるのが任意売却です。

 

任意売却なら不動産業者などの仲介者が間に入ることになるので、競売のように安く買い叩かれることなく、一般的な不動産価格で持ち家を売却することができます。少しでも物件を高く売却できれば、残った借金返済の負担も小さくなります。

 

そのため住宅ローンが返済できなくなってしまって、このままだと物件が競売にかけられてしまうということなら、少しでも高く売却するために任意売却を利用したほうがいいということです。

 

ただ滞納から時間が経過して競売の手続きが進みすぎると、任意売却が利用できなくなる可能性もあるので、できるだけ早めに任意売却を利用するかどうかを検討するといいかと思います。

任意売却なら新しい住居費用や引っ越し費用も捻出できる

任意売却引っ越し費用

 

自宅が競売にかけられてしまうと、家を失うことになるだけでなく、その後に残った借金をどうするのか考える必要があり、さらにその後でどのように生活していけばいいのかを考える必要も生じます。

 

特に引越し費用新しい住居の準備費用は大きな出費になるので捻出するのに苦労するのではないでしょうか。

 

しかし任に売却の場合には引越し費用などを捻出することができるのはもちろんですが、売却の際の仲介手数料や税金なども売却額の中から差し引くことが可能です。ちなみに競売などで強制的に家を売却される際でも手数料は自己負担になるので、任意売却によるこれらのメリットは大きいと思います。

 

他にも任意売却後に残った住宅ローンの残債などについては通常は一括売却が求められますが、任意売却だと分割返済が可能なので売却後の返済計画も立てやすいというメリットがあります。

 

ただ一方で任意売却するためには金融機関の承諾を得る必要があるので簡単に利用できる手続き方法ではないということも知っておく必要があります。ただメリットを考えると利用する価値は十分にあると思います。

債務整理と任意売却は別の手続き

債務整理と任意売却は別の手続き

 

任意売却と債務整理は借金の負担を軽くするという意味で比較されることがありますが、そもそも任意売却と債務整理は全く違った手続きです。

 

任意売却は単純に競売という不利な不動産の売却方法を回避して一般的な市場価格で不動産を売却するという手続き方法ですが、債務整理は住宅ローンなどに関係なく借金を減額したり免除することができる手続き方法です。

 

任意売却は売却する不動産がないと利用できない手続き方法ですが、債務整理は資産がなくても弁護士や司法書士に手続きを依頼することによって、借金の負担を軽くすることができます。

 

ただ住宅ローンを債務整理対象にするとローンの返済負担は軽くなりますが、ローンを踏み倒すことになるのでローン会社に持ち家が没収されてしまう可能性があります。

 

債務整理は住宅ローンを含めた借金全体に対して成果を期待することができる手続き方法で、任意整理、個人再生、自己破産などの複数の手続き方法があります。

 

利用する手続き方法によっては、住宅ローンはそのまま残して、住宅ローン以外の借金だけを債務整理対象にして減額したりすることも可能です。つまり人によって色々な債務整理方法を選択することができるということです。

 

ちなみに住宅ローンを払っている持ち家を残しながら借金返済の負担を軽減したいということなら、任意整理個人再生が候補になり、住宅ローンを含めた借金全てを整理したいということなら自己破産が利用候補になります。

任意売却と債務整理を組み合わせることも可能

任意売却債務整理組み合わせる

 

任意売却と債務整理はどちらか一方しか利用できないというわけではなく、両方組み合わせて利用するとさらなる成果を期待することができます。

 

私個人的には任意整理と債務整理はどちらも利用して借金を効率的に減らすのがベストだと考えます。ただあくまでも任意売却と債務整理の組み合わせは住宅ローンを払っている持ち家を手放すことが前提になります。

 

任意売却後に残った住宅ローンの残債を債務整理で減らす

 

任意売却では競売で有利に売却を進められるので、その分だけ売却による住宅ローンの残債を減らすことは可能ですが、それでも住宅ローンの残債が大きいと返済が難しいことも多いです。そういった際に債務整理を利用すると返済負担を大きく減らすことが可能です。

 

任意売却を利用することで住宅ローンの残債を競売を利用した場合よりも大きく減らせる可能性がありますが、人によってはそれでも数百万円や数千万円単位で住宅ローンの残債が生じることは普通に考えられます。

 

家を失ってその後の生活費の負担も考えなくてはいけない状況で、住宅ローンの残債がまだまだ残っているようだと、結局は家を売却しても借金が返せないということになりかねないです。

 

ただ残った住宅ローンの残債を債務整理で整理することによって完済の見込みを立てることができると思います。利用する債務整理方法は残った住宅ローンの残債額や収入、資産などによって違ってきます。

住宅ローンが返済できないなら無料相談から!

住宅ローン返済できない無料相談

 

住宅ローンが返済できなくて困っているという事なら、まずは借金問題に対応している弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用して任意売却をするのか債務整理を利用するのかなどの手続き方法を検討するといいかと思います。

 

住宅ローンが払えないというケースにも色々あり、住宅ローン以外の借金が整理できれば住宅ローンを払えるという方もいると思いますし、借金が住宅ローンしかないけどその住宅ローンが払えないという方もいます。また複数の金融業者から借入があり、その中の一つに住宅ローンが含まれているというケースもあります。

 

人によって借金状況は色々で住宅ローンが払えないので家を手放してでも借金問題を解決したいという方もいれば、家族がいるので家を残しながら残った借金を整理する方法を選びたいという方もいます。

 

そのため無料相談を利用して専門家である弁護士や司法書士に話をして、任意売却をや債務整理方法について相談してその後の借金完済の道筋を立てることが重要になってきます。

 

当サイトではメールや電話による無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。メールや電話による相談なら「とりあえず話だけ聞きたい」という場合にも利用しやすいと思います。

 

下記で相談先の候補になるような事務所をまとめているので、どこに住宅ローンの返済方法について相談したらいいのかわからないなら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア