借金500万円が返済できなくなったら債務整理を検討しよう!

借金500万円債務整理

 

借金500万円というのは結構大きな負担で、これだけの借金になってくると正社員である程度の収入がある方でも借金の利息負担が大きくて元本がなかなか減っていかずに返済に行き詰まってしまうということもあると思います。

 

このように借金500万円が返済できない状況になってしまった場合に利用を検討したいのが債務整理手続きです。債務整理は交渉や裁判所で手続きして借金を減額したり免除する手続方法になります。

 

債務整理は自分で手続きを依頼したりして行う借金整理方法なので、誰かにお金を借りて返済するということもないことから、借金問題で周りに頼れる方がいないようなケースでもしっかりと借金返済の負担を減らすことができます。

 

債務整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産などの手続方法があり、それぞれ利用条件や借金の減額幅などが違ってきたります。そのため人によって最適な債務整理方法は違ってきます。

 

ここでは借金500万円を債務整理を利用して減額する場合に、これらの債務整理方法を利用することによって、どのような成果を期待することができるのかまとめています。

 

借金500万円の月々の返済額は?総返済は600万円を超える!

借金500万円月々返済額

 

借金500万円の返済条件は人によって違ってくると思います。これくらいの金額になってくると、複数の金融業者から借り入れているケースが多いと思うので利息などもそれぞれ異なってきます。

 

単純計算すると借金500万円を5年で返済するとすると、月々の返済額は約8万3000円くらいになります。実家暮らしなまだしも、ひとり暮らしだとかなり大きな負担になる金額だと思います。

 

返済期間を伸ばせば月々の返済額は小さくなりますが、その分だけ利息負担が重くなります。また終身雇用が崩壊している現在だと、5年間そのまま働き続けられる保証すらないのに、それ以上の返済期間を設定して完済できるのかという問題もあります。

 

ちなみに借金500万円を年率10%で5年間返済するようなケースだと、月々の返済額は10万円を超えてきて、総返済額は600万円を超えてきます。つまり利息だけで100万円を超えてくるということです。奨学金などの一部の利息が軽い借金がメインということなら当てはまらないですが、消費者金融やカードローンが借金のメインということならありえることです。

 

借金額が大きくて年率が高ければ当然ですが利息負担も重くなります。借金500万円は元本の返済だけでもかなり大変なのに、そこにさらに利息返済が加わると完済が見込めないという方も出てくると思います。

 

そのような厳しい借金返済状況で利用を検討したいのが債務整理手続きです。

借金500万円が返済できないなら債務整理を検討しよう!

借金500万円債務整理

 

借金500万円が返済できない場合には債務整理を利用して借金を整理することが一番手っ取り早い解決方法だと私は思います。

 

ただ債務整理方法は複数あるので、どの手続方法を利用すればいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで私が簡単に借金500万円をそれぞれの債務整理方法で整理する場合にどういった成果が期待でき、どのような問題が発生する可能性があるのかまとめてみました。

 

500万円の借金が返済できない可能性があって困っているなら参考にしてください。

 

任意整理

 

任意整理は債務者が債権者と交渉して借金の利息を免除したり、毎月の返済額を小さくするという債務整理方法です。基本的には弁護士や司法書士に依頼して行うので、弁護士や司法書士が金融業者などと交渉して借金負担を減らす債務整理方法だと思ってもらうといいと思います。

 

「利息だけ免除されても返済負担はそこまで減らないのでは?」と思う方もいますが、借金の内容によっては利息だけでも100万円を超えることもあるので、それらが免除されるだけでもかなり負担軽減になります。

 

また任意整理なら将来の利息もカットすることができるので、返済期間を伸ばしても利息が増えるというデメリットが発生しないということになります。

 

ただ任意整理では元本の減額は難しいので、借金の元本である500万円を完済できる可能性がある方でないと利用は難しいと思ったほうがいいです。

 

しかし元本の500万円の返済だけでも結構大きな負担なので、任意整理では完済しきれないという方も出てくると思います。その場合は個人再生や自己破産の利用が考えられます。

 

参照:任意整理とは

 

個人再生

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、再生計画案を作ってそれを債権者に承認してもらうことで返済負担を軽減するという債務整理方法です。

 

任意整理とは違って借金の元本を減額することができるので、任意整理では完済が難しようなケースでは個人再生の利用が候補になってくるのではないかと思います。

 

また任意整理は交渉によって返済負担を軽減する債務整理方法なので、実際にどの程度負担が軽減できるかは借金の内容や交渉結果に左右されますが、個人再生はある程度減額幅を見通すことができます。

 

個人再生は最低弁済額と清算価値のどちらか高い方を返済してくという仕組みになっています。清算価値は持っている資産によって左右されるので判断が難しいですが、最低弁済額は基準が決まっています。

 

借金500万円だと最低弁済額は100万円になります。つまり500万円の借金が100万円まで減額できるということになります。借金が5分の1まで減額できれば完済の見込みが立つという方も多いのではないかと思います。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産

 

自己破産は裁判所で手続きする債務整理方法で、裁判所が免責を認めたら借金返済の義務がなくなるという非常に強力な手続方法です。

 

自己破産は個人再生よりも強力で、借金返済の義務がなくなるということなので、借金が事実上ゼロになります。そのため最初から自己破産を利用したほうがいいのではないかと思う方もいると思います。

 

ただ自己破産は強力な債務整理の代償として大きなデメリットもあります。自動車や持ち家などの高額資産が精算されてしまったり、一部の職業で職業制限が生じたり、支払不能状態でないと免責が認められない可能性があったり、浪費やギャンブル・投資などのような借金理由だと利用できない可能性があったりなど色々問題もあります。

 

そのためあくまでも自己破産は、任意整理や個人再生を利用しても借金問題を解決できる見込みがない方が利用する債務整理方法だと思ったほうがいいです。

 

具体的には無職無収入だったり、生活保護を受給しているなど返済余力がないような方の利用がおすすめの債務整理方法だと思います。

 

参照:自己破産とは

債務整理以外で500万円の借金を返済する方法

借金500万円債務整理以外

 

債務整理を利用すれば借金も負担を軽減することができますが、500万円の借金を債務整理以外の方法で減額することはできないのでしょうか?

 

いくつか方法がありますが、個人的にはどの方法もあまりおすすめはできないと思います。ただ債務整理以外の方法で借金問題を解決する場合には参考になるかもしれないです。

 

親・兄弟・親戚から借金して返済する

 

わかりやすいのは親・兄弟・親戚から借金して返済するという方法ですが、借金が500万円もある状況で簡単に親族や親でも借りることができるのか微妙だと思います。ただ知り合いから借りることができれば借金の利息は払わなくてもいいと思うので、借金の負担は大きく減らすことができます。

 

100万円とかなら何とか借りることができるかもしれないですが500万円という金額になると流石に借りるのは困難です。複数の人から借りるにしても、500万円を掻き集めることは難しいと思います。

 

また仮に借りることができたとしても、その後返済できなくなってしまった場合に、相手からの信頼を失うことになってしまい、人間関係が壊れてしまう可能性があります。一度失った信頼を取り戻すことは困難で、それこそお金は取り戻すことはできないです。

 

個人的には親しい人間から返済できるかわからないような金額を借りるのはデメリットが大きいと考えます。

 

借金の時効を待つ

 

借金の時効を待つという方法も考えられます。借金の時効がくれば返済する必要がなくなるので借金問題を解決できます。

 

一般的な消費者金融等の借金の時効は5年か10年程度になります。これくらいの金額なら時効を待ったほうがメリットが大きいのではないかと思う方も多いと思います。確かに5年程度我慢するだけで500万円の返済がチャラになるなら時効を待つのもありだと思います。

 

ただ現実には5年から10年で時効が成立することはないと思ったほうがいいです。時効は借金の時効は相手側からの返済請求や資産の差し押さえ、借金の承認などによって時間経過が中断して再びリセットされます。

 

金融業者などが借金の取り立てを簡単にストップすることはないので現実的に時効が成立する可能性はかなり低いと思ったほうがいいです。さらに時効より前に強制執行による資産や給料の差し押さえもあるので、仕事を持っている方はどちらにしろ時効を得られる可能性はほぼないと思ったほうがいいです。

 

仕事を増やして収入をアップする

 

仕事を増やして収入をアップするという方法も考えられます。

 

昔は副業を禁止する会社が多かったですが、今は副業を認める企業も増えてきているので、正規の仕事にプラスアルファで副業をやることによって借金返済の足しにすることができます。

 

毎月の返済額が少しだけ足りないということなら、副業をやることによって返済をカバーすることができますが、借金500万円だと毎月の返済額もかなり大きくなります。そのため無理しないと返済額に届かないような諦めるのも一つの決断だと思います。

 

副業で収入を増やすのはいいですが、選ぶ副業を間違えると稼げなくて返済の足しにならなかったり、選んだ副業が肉体的や精神的にキツイものだったりすると、長続きしないこともあります。

 

また副業を長く続けた結果、体を壊してしまって働けなくなってしまって、医療費などによってこれまでの苦労が無駄になってしまうということも考えられます。

無料相談で500万円の借金返済の方法を相談しよう!

借金500万円債務整理無料相談

 

借金500万円が返済できない状況になってしまった場合には上記のように色々な方法が考えられますが、どの方法を選択するかはあなた次第です。

 

ただ選択する前に一度は弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用して借金返済の方法について専門家に相談してみるといいかと思います。

 

債務整理に慣れている弁護士事務所や司法書士事務所は、これまでに数多くの借金問題を解決してきた実績があるので、あなたと同じような借金事例にこれまで対応してきている可能性が高いです。また無料相談なので利用するこちら側には金銭的なデメリットは発生しないため活用したほうが得だと思います。

 

無料相談を利用することで最適な借金返済の方法や、債務整理を利用することでどの程度借金を減額できる見込みがわかったり、依頼費用や手続き期間など債務整理に関する詳しいことも知ることができます。

 

ちなみに無料相談を利用したからといって「債務整理しないといけない」ということはないので、「話だけ聞きたい」という方でも気軽に利用することができるので安心してください。また当サイトではメールや電話で無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せています。

 

借金500万円が返済できないということで悩んでいるなら参考になると思います。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア