借金300万円が返済できなくなったら債務整理を検討しよう!

債務整理借金300万円

 

借金300万円になると月々の利息負担の金額がも大きくなってくると思うので、ギリギリの家計の中で返済している方も多いかと思います。そのため、収入が減ってしまったりなど、ちょっとした家計の変化によって返済が行き詰ってしまうことがあります。

 

借金300万円って結構微妙な金額で、この金額ならギリギリ返済できるかもしれないという方が多い一方で、これ以上者金額が増えると完済することが難しいと感じる瀬戸際のような金額なのではないかと思います。

 

借金300万円だと利息を無視しても毎月5万円を5年間返済する必要があるので、結構大きな金額だと思います。そのため若い一人暮らしの方などは毎月これだけの金額を捻出することができずに借金を滞納してしまう方もいます。

 

そこで利用が検討されるのが債務整理です。債務整理は交渉や裁判所での手続きなどによって借金を減額したり支払い免除にすることができる手続き方法です。そのため知り合いに迷惑をかけずに自分で借金問題を解決できる方法です。

 

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産など複数の手続き方法があるので、ここでは借金300万円を債務整理で完済する場合についてわかりやすく解説しようと思います。

 

借金300万円の月々の返済額は?総返済は400万円を超える!

借金300万円月々の返済額

 

借金300万円と聞くと、300万円支払うことができれば借金問題を解決することができると直感的に思う方が多いと思います。

 

確かに一括で借金を完済することができるなら300万円返済すれば借金問題を解決することができますが、実際には300万円の借金を一括で完済できる方は少ないです。というか一括で借金返済できるなら借金問題で悩むことはないと思います。

 

現実には300万円の借金があったら分割で返済していくというのが一般的です。そして分割払いをすれば当然ですが利息が発生することになります。そのためこの利息によって現実には300万円の借金は300万円の以上の額の返済が必要になってきます。

 

具体的に借金300万円で年利15%、返済期間5年というケースで借金返済すると、借金の支払い総額は約420万円くらいにもなります。つまり借金300万円は利息を含めると支払い総額が400万円をこえてしまうということになります。

 

これってかなり大きな違いですよね。300万円の借金が400万円になるとうのは非常に大きな負担になり、仮に返済期間が5年よりも長くなるとさらに利息負担が増えることになるので、借金の総支払額はさらに増えることになります。

 

ちなみに借金300万円を利息なしで5年で返済すると月々の返済額は5万円になりますが、年率15%利息が含まれると月々の支払額は7万円を超えてきます。月々5万円でも厳しいですが7万円の負担はかなり重いと思います。そのため一度滞納するとそのまま完済の見込みがなくなってしまう可能性があります。

借金300万円が返済できないなら債務整理を検討しよう!

借金300万円債務整理

 

借金300万円の返済に行き詰ってしまった場合には、私なら債務整理を利用して借金を整理しますが、債務整理には任意整理・個人再生・自己破産など複数の手続き方法があるので、どの手続き方法を利用すればいいのか悩む方は多いと思います。

 

借金300万円ならどの債務整理方法も利用候補になってきますが、最適な債務整理方法は、あなたの資産状況や収入状況、家庭環境など色々な要因によって変わってくるので、実際に300万円の借金を債務整理するケースについてわかりやすく個別に解説しようと思います。

 

任意整理

 

借金300万円の返済が難しい状況になった場合に最初に検討することになるのが任意整理になります。

 

任意整理は金融業者などの債権者と交渉することによって、借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を小さくすることができる債務整理方法になります。借金の利息を免除したくらいで完済できるの?と思う方もいますが、上記で示したように借金300万円だと利息額も結構大きな金額になるので、利息が免除されるだけでもかなり大きな負担軽減になります。実際に上記の5年返済で年率15%の借金のケースだと、利息が約120万円くらいになります。

 

また借金の利息が免除されれば、支払い期間を延ばしても利息が増えないことになるので、利息の免除と支払い期間の延長によって毎月の返済額もかなり小さくすることができます。

 

さらに任意整理は自動車や持ち家などの資産をそのまま保持したまま手続きできますし、借金の理由も問われないので、手続きを利用するデメリットも小さいというメリットがあります。

 

ただ借金の元本を大幅に減らすことは不可能なので、借金の元本を返済できるだけの余力がないと利用することはできないです。そのため無職無収入だったり、生活保護を受給しているような方の利用は難しいと思ったほうがいいです。

 

参照:任意整理とは

 

個人再生

 

個人再生も借金300万円なら十分に利用を考えたい債務整理方法です。

 

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、再生計画案に沿って借金を返済していくという債務整理方法で、任意整理とは違って交渉によって返済条件が決まるこということはなく、ある程度借金額によって減額基準が決まっていたりします。

 

個人再生には最低弁済基準額というものがあり、この最低弁済基準額と清算価値という資産を換価した価値を比較して高い方を返済していくという仕組みになっています。そのため個人再生は手続き前に事前にある程度の借金減額の見通しを立てられるというメリットがあります。

 

清算価値は持っている資産によって違ってくるので、いくらになるのか人によって違ってきますが、最低弁済基準額はわかります。借金300万円のケースだと最低弁済基準額は100万円です。つまり個人再生を利用すれば最大で借金を3分の1まで圧縮することができるということになります。

 

これだけ借金を減らせるので利用したい方も多いかと思いますが、任意整理と比べると依頼費用は高く手続き期間も長いというデメリットもあります。ただ任意整理で完済できる見込みがないなら利用を検討したい債務整理方法です。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産

 

借金300万円が任意整理や個人再生でも完済することが難しいということなら自己破産の利用を検討することになります。自己破産については名前くらいは知っている方も多いのではないでしょうか。

 

自己破産も個人再生と同様に裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務が免除されるという手続き方法です。つまり借金300万円の支払いが必要なくなるということです。

 

借金問題を抱えている側からすると「さっさと自己破産した方が早いのでは?」と思う方もいるかもしれないです。ただ自己破産は「支払い不能状態」でなりと利用できないという利用条件があったり、高額資産が没収されてしまうなど、生活への影響が大きいです。

 

そのため自動車や持ち家などの高額資産があると、こういった資産を失うことになってしまい生活環境が一変して後悔する可能性があります。そのため自己破産を利用する際にはしっかりと自己破産後の生活も見越して利用するか考えましょう。

 

ちなみに無職無収入だったり、生活保護を受給していて借金300万円が返済できないという状況だと、自己破産の利用がメインになってくると思います。

 

参照:自己破産とは

債務整理以外で300万円の借金を返済する方法

借金300万円債務整理以外の返済方法

 

債務整理をすることによって借金返済の負担が軽くなることは分かったと思いますが、債務整理以外の方法で300万円の借金を完済する方法はないのでしょうか?

 

下記で債務整理以外の方法として候補になる借金返済の方法をまとめたので参考にしてください。

 

親・兄弟・親戚から借金して返済する

 

借金300万円が返済できなくなってしまった場合に、一番最初に思いつく返済方法は親・兄弟・親戚や友人・恋人などの知り合いからお金を借りて返済するという方法ではないでしょうか。金融機関からの借金は利息が発生しますが、知り合いからの借金なら利息は発生しないです。

 

ただ300万円という借金額は大きいので、そもそもお金を貸してくれるのかということが問題になってきます。状況によっては複数の人から借金する必要があるかもしれないです。

 

これだけの金額になると貸す方もリスクがあるので、おそらく借用証書などを書いてほしいなどと要求される可能性は十分に考えられます。またこういった知り合いから借金して返済できなくなってしまうと、単純にお金の問題というだけでなく、人間関係のトラブルに発展する可能性があります。

 

近しい人との人間関係のトラブルは長引く可能性が高く、逃げることが難しいことから、借金の利息以上のリスクなのではないかと思います。そのため完済の見込みがあるなら検討してもいいですが、将来完済できない可能性があると思うなら知り合いからは借金しない方がいいと思います。

 

借金の時効を待つ

 

借金の時効を待つという選択肢も考えらえます。金融業者などの借金には時効があるということを知っている方も多いかと思いますが、借金300万円もある状況なら借金の時効を狙うということ考えている方もいるのではないでしょうか。

 

ちなみに金融業者からの借金の時効は5年か10年になります。一般的な消費者金融からの借金なら消滅時効は5年になります。こうしてみると5年で消滅時効になるなら時効を待った方がいいのではと思う方もいると思います。

 

300万円の借金だと利息なしでも毎月5万円返済してやっと5年で完済できる金額なので、それなら時効を待った方がいいと思う方もいると思います。ただ基本的に時効は5年では成立しないです。

 

意味が分からないという方もいると思いますが、借金の時効は相手側からの返済請求や資産の差し押さえ、借金の承認などによって時間経過が中断して再びリセットされます。金融業者が5年間借金返済の請求を行わないということは考えられないので、現実には5年で時効が成立することはないということです。

 

また時効前に裁判所などによって強制執行による差し押さえで給料や資産が差し押さえられると思うので、普通に働いている方は時効を待つメリットはないと思います。仮に無職無収入で資産や給料がないということなら、自己破産してしまえば5年も待たずに借金の支払いが免除されます。

 

仕事を増やして収入をアップする

 

仕事を増やして収入を増やすという方法も考えられます。最近は副業が認める会社も多くなってきているので、副業をしてプラスアルファの収入を得て借金返済に充てるということも考えられると思います。

 

とは言ってもすぐにお金になる副業は限られており、おそらく仕事終わりにアルバイトなどをするのが一般的なのではないかと思います。ただ無理してダブルワークで働くと体を壊してしまう可能性もあるので、最適な方法とは言い難いです。

 

仮にダブルワークで借金を返済していたとしても途中で体を壊してしまって仕事に行けなくなってしまったら、本業にも影響が出てしまい治療費などの医療費にお金がかかることになり、余計に負担が増えてしまう可能性があります。

 

副業の内容によっても違ってくると思いますが、仕事を増やして収入アップする際には無理なく続けられるような範囲で行うことが重要だと思います。

無料相談で300万円の借金返済の方法を相談しよう!

借金300万円債務整理無料相談

 

借金300万円の返済ができない状況に追い込まれてしまって、債務整理手続きによる借金整理を検討しているなら、できるだけ早めに弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用するのが良いと思います。

 

借金300万円にもなると利息も結構大きいと思うので、仮に返済できなくなって遅延損害金が発生するとさらに借金の状況は悪化してしまいます。借金状況が悪化すると利用できる債務整理方法の選択肢が狭まってしまうので、早めに専門家に相談することが大事になってきます。

 

債務整理前に無料相談をすることによって、債務整理によってどの程度借金を減額することができるのかということはもちろんですが、依頼費用の見積もりや、債務整理後の借金の見通しなどについて話を聞くことができます。

 

利用する側としても、いきなり弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼するというのはハードルが高いと思うので、とりあえずは無料相談を利用して話を聞くだけでも参考になることが多いと思います。

 

ちなみに無料相談を利用したからといって「債務整理しないといけない」ということはないので、「まずは話だけ聞きたい」という方も気軽に利用できます。また当サイトではメールや電話で無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せています。

 

もし借金問題の相談先についてどこがいいのか悩んでいるなら下記が参考になると思うのでよかったらご覧ください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア