借金200万円が返済できなくなったら債務整理を検討しよう!

借金200万円債務整理

 

借金200万円が返済できなくなってしまってどうしたらいいのかわからないという方は少なくないです。

 

借金200万円は結構現実的な額で、消費者金融やカードローン、クレジットカードなどのような利息が高い借金の借り入れが中心だと、利息の支払いが精一杯で元本がほとんど減らないという可能性がある借金額です。

 

昔のように終身雇用ということなら返済計画も立てやすいですが、終身雇用が崩壊していつまで働くことができるのか微妙な状況だったり、派遣社員や契約社員が多い近年だと、返済している途中で失業してしまって借金が払えなくなるということも普通にあります。

 

そこでここでは借金200万円が返済できなくなってしまった場合にどうすればいいのかということや、無職無収入でも借金の返済が可能なのかということについてもわかりやすく解説しようと思います。

 

借金200万円の返済に行き詰っているなら参考になると思います。

 

借金200万円の月々の返済額は?総返済は300万円を超える!

借金200万円月々返済額

 

借金200万円というのは具体的にはどのくらいの返済負担になるのでしょうか?

 

借金200万円なら、毎月約3万4000円くらい返済していけば5年で完済できると考える方もいますが、実際には借金には利息が発生するので額面通り200万円では借金問題は解決できないです。

 

借入先によって借金の利息は違ってきますが、一般的な消費者金融の利息である年率18%で計算すると、借金200万円を5年で完済するのは毎月50,786円の返済が必要になり、合計返済額は3,047,160円にもなってしまいます。つまり利息だけで100万円を超えてしまうということです。

 

もちろんこれはあくまでも年率18%の借金を5年で完済するケースなので、もっと利息が安かったり、返済期間がもっと短ければ利息負担も小さくなってきます。逆に利息が高かったり、これよりも長い期間で返済しているとさらに負担は重くなるということです。

 

個人的には毎月5万円の返済というのは決して安くはない金額なので、毎月の返済額としては妥当だと思います。それでも借金の利息だけで100万円も払っているということになるので、これくらいの借金がある方は利息を普通に100万円以上払っている可能性があるということになります。

 

これを見ると「せめて借金の利息だけでも免除できれば…」と思う方も多いのではないでしょうか?そんな手続きが実現可能なのが債務整理です。

借金200万円が返済できないなら債務整理を検討しよう!

借金200万円債務整理方法

 

借金200万円が返済できない場合の完済方法として候補の一つとして考えられるのは債務整理手続きです。

 

債務整理手続きには、任意整理・個人再生・自己破産などの手続き方法があり、弁護士や司法書士が交渉や裁判所を通じて借金を減額したり免除することができる手続き方法になります。つまり債務整理を利用することで借金の負担を軽減させて完済までの道筋を作ることができるということになります。

 

では200万円の借金を任意整理・個人再生・自己破産の3つの債務整理方法でそれぞれ整理した場合に、どういった成果を期待することができるのでしょうか?下記でまとめてみたので参考にしてください。

 

任意整理

 

200万円の借金で仕事があってそれまで普通に返済することができていたということなら、任意整理が一番の利用候補になる債務整理方法になります。

 

任意整理は債権者と債務者が交渉して返済条件を変えてもらうという債務整理方法で、借金の元本を減額することは難しいですが、借金の利息を免除したり、月々の返済額を小さくすることができます。

 

任意整理は生活への影響が小さい債務整理方法で、整理する借金対象をこちらで選べるということや、自動車や持ち家などの資産をそのまま残したままで借金整理することができるという特徴があります。

 

また任意整理なら家族に内緒の借金があったとしても、秘密裏に債務整理することができる可能性があるので、非常に便利な債務整理方法です。利息が免除されれば完済できる見込みがあるということなら、一番に利用候補にしたい債務整理方法です。

 

参照:任意整理とは

 

個人再生

 

個人再生は任意整理で借金の完済が難しい場合に利用を検討したい債務整理方法です。

 

個人再生は任意整理とは違って裁判所で手続する債務整理方法なので、借金を利息だけでなく元本からがっつりと減額することができます。ただ依頼費用は任意整理よりも高額ですし、自動車や持ち家などの高額資産があると、借金の減額幅が小さくなるので、持っている資産に影響される債務整理方法です。

 

ちなみに個人再生の場合は最低弁済基準額で借金の返済額を計算すると、200万円の借金を100万円まで減らすことが可能です。ただこれは高額資産がなくて、資産が減額幅に影響を与えないケースでの話です。持っている資産は人によって違ってくるので、ここでは高額資産がないとう想定で減額幅を載せてみました。

 

ただ個人再生は借金額が大きいともっと借金の減額幅が大きくなるので、200万円の借金だとそこまで大きな成果を期待することはできないです。どちらかということもっと借金額が大きいケースで活躍できる債務整理方法なのではないかと思います。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産

 

自己破産は何となくテレビなどで聞いたことがある方が多いと思います。自己破産する人は借金額が莫大で、自己破産すると人生が終わるなどとリスクを過大に誤解している方も結構多いです。

 

自己破産は裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所が免責を認めると借金の返済義務が免除されるという債務整理手続きになります。

 

そもそも200万円の借金で自己破産できるの?と思う方もいると思います。しかし結論を言ってしまうと200万円の借金でも自己破産することは可能です。ただ支払い不能状態でないと、裁判所から免責を得ることができないので、利用条件を満たしてないと借金が免除にならない可能性があります。

 

また自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産を没収されてしまうので、単純に借金が免除されるということで安易に利用してしまうと、必要な資産が没収されてしまって生活に影響が出てしまう可能性があります。

 

借金200万円での自己破産なら、無職無収入だったり、生活保護を受給しているなど、任意整理や個人再生を利用しても完済できる余地がない方が利用する手続きする方法だと思ったほうがいいです。

 

参照:自己破産とは

債務整理以外で200万円の借金を返済する方法

借金200万円返済方法

 

200万円の借金は債務整理を利用することによって借金問題を解決することができますが、債務整理をすると一定期間は新たに借金ができなくなったり、クレジットカードが利用できないなどのデメリットが生じます。

 

また、債務整理を利用するためには、弁護士や司法書士に手続きを依頼するというのが一般的なので、どうしても依頼費用が必要になってきます。

 

では200万円の借金を債務整理以外の方法で解決する方法はあるのでしょうか?私なりに下記でまとめてみたのでよかったら参考にしてください。

 

親・兄弟・親戚から借金して返済する

 

一番手っ取り早い借金200万円の解決方法は親・兄弟・親戚などから借金して返済するという方法です。親・兄弟・親戚なら無利息でお金を貸してくれる可能性があると思うので、その分だけ返済負担が軽くなります。

 

しかし相手が気持ちよくお金を貸してくれるのかという問題もあります。200万円という金額は結構大きいので貸す側としても負担は大きいと思います。そのためいくら近しいに人間でも簡単にはお金を貸してはくれないと思います。

 

仮に200万円借りれたとしても、その借金の返済の見込みがあるのかという問題もあります。しっかりと予定通り完済できればいいですが、返済が遅れたりすると相手は不信感を募らせると思います。そして最終的には借金問題だけでなく人間関係の問題に発展する可能性があります。

 

あまり近しい人間からお金を借りると、返済できなくなってしまった時に、大きな問題に発展してしまう可能性がるので個人的にはおすすめできないです。

 

借金の時効を待つ

 

借金の時効を待つという選択肢もあります。どこから借金したのかによって時効期間は違ってきますが、消費者金融は基本的には5年で借金の時効がやってきます。

 

「5年なら時効を待った方が良いのでは?」と思う方もいますが、実際には時効を成立させることはほぼ不可能です。時効は単純に5年間逃げ切れれば良いというものではなく、返済の督促などによって時効は中断されてしまいます。

 

消費者金融が5年間ずっと返済の督促を行わないということは一般的にはあり得ないことです。そのため時効が成立する可能性はかなり低いと思ったほうがいいです。

 

また借金を滞納すると時効より前に強制執行による差し押さえを受けることになるので、その際に資産や給料などが差し押さえられることになります。無職無収入で資産や給料がないということなら、そのまま時効を待つことができるかもしれないですが、現実的には難しいと思います。

 

仕事を増やして収入をアップする

 

債務整理以外の返済方法として現実的なのが「仕事を増やして収入をアップする」という方法だと思います。

 

最近では大手企業でも副業を認めるところが増えてきているので、休日などを利用して副業を行って返済の足しにするという方法も考えられます。

 

また、昔よりは副業も探しやすくなってきているので、やろうと思えばやれないことはないと思います。ただ仕事によっては肉体的や精神的な負担が重くなるので、どの程度セーブして行うのかということが重要になってきます。

 

働きすぎて入院することになってしまったら、せっかく副業で貯めたお金も入院費やその間の生活費などに消えてしまうので、必ずしも最善の方法というわけではないと思います。

 

そういった意味では無理せずに借金の返済負担を軽減できる債務整理手続きは現実的な方法だと思います。

無料相談で200万円の借金返済の方法を相談しよう!

借金200万円債務整理無料相談

 

200万円の借金が返済できなくて債務整理を検討しているなら、まずは弁護士事務所や司法書士時事務所が行っている無料相談を利用するといいと思います。

 

返済できない状況に追い込まれてしまうと最終的には強制執行による差し押さえを受けてしまって、資産や給料などが差し押さえられてしまいます。そのためこのような状況にならないためにも、返済負担が重いと感じた時点で、一度無料相談を利用するといいかと思います。

 

債務整理に慣れている弁護士や司法書士は色々な借金事例を経験してきているので、返済方法について相談するだけでも参考になると思います。話を聞いて債務整理が必要だと思ったら手続きを検討するといいですし、他に方法があるのならその方法を検討するといいと思います。

 

200万円の借金なら任意整理、個人再生、自己破産と全ての債務整理方法で対応することができるので、利用できる債務整理の幅もあり、最適な債務整理方法を選ぶことができると思います。

 

ちなみに無料相談を利用したからといって「債務整理しないといけない」ということはないので、「まずは話だけ聞きたい」という方も気軽に利用できます。また当サイトではメールや電話で無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せています。

 

もし借金問題の相談先についてどこがいいのか悩んでいるなら下記が参考になると思うのでよかったらご覧ください。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金

借金の借入先から選ぶ

アイフル
プロミス
レイクアルサ
アコム
SMBCモビット
ジェイスコア