自己破産申請することで生活保護を受けられない可能性は?

自己破産申請することで生活保護を受けられない可能性画像

 

自己破産をすると借金がゼロになって、借金返済で苦しんでいる人からすると非常にありがたい法的な手続きになります。

 

金融業者からの借金の額が大きくなりすぎて返済できないような状況になってしまった場合には、自己破産するのも一つの方法になります。

 

ただ自己破産をすると借金はなくなりますが、資産が没収されたり色々なデメリットも存在するんですよね。

 

参照:自己破産のデメリット

 

そうした中で、自己破産申請をすることで生活保護を受けられなくなるのではないかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

 

自己破産をするくらい追い詰められている人は、収入がなくて借金が返せないという人が多く、借金がなくなったとしても収入がないので生活できないという人も少なくないです。

 

そのため自己破産申請後に生活保護を受けようと検討している人もいます。

 

ただ生活保護の申請をする際に、自己破産が足かせになるのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

自己破産しても生活保護を受けることはできる!

自己破産しても生活保護を受けることはできる画像

 

結論から言うと自己破産をしても生活保護を受けるのに何の支障もないです。

 

そもそも自己破産と生活保護はまったく別物なので、自己破産していてもしていなくても生活保護を申請することは可能です。

 

むしろ自己破産をしてからの方が生活保護は通りやすいという側面があるんですよね。

 

そもそも生活保護のお金は借金返済に使ってはいけないという規定があるんですよね。

 

生活保護費はあくまでも生活していくための最小限度のお金ということで支給されているので、借金返済に利用してしまうと生活保護費を止められてしまう可能性があります。

 

そのため借金がある方が自己破産の申請に影響が出る可能性があると言えます。

 

自己破産申請してから生活保護を申請した方が通りやすい?

 

生活保護費からの借金返済が認められてないということは、生活保護申請時に大きな借金があると、生活保護費から借金返済される可能性があるということで、場合によっては生活保護の受給が認められない可能性もあります。

 

そのため自己破産申請をして借金をゼロにしてから生活保護を申請した方が通りやすいという話もあります。

 

つまり自己破産の手続きと合わせて生活保護の申請を出すというのが一番効率的な方法と言えると思います。

 

とは言っても人によって借金や資産の状況は違ってくるので、まずは弁護士の無料相談を利用してはどうでしょうか?

自己破産と生活保護の申請については無料相談を利用しよう!

自己破産と生活保護の申請については無料相談画像

 

自己破産と生活保護については人によって状況が異なってくるので、とりあえずは債務整理に慣れた弁護士事務所に相談するといいと思います。

 

自己破産する人の場合には、一緒に生活保護を申請する人も少なくないので、債務整理を専門に取り扱っているような弁護士事務所の無料相談を利用すると明確に答えてくれると思います。

 

こういった実務の手続きを行っているようなところに、自己破産と生活保護について相談するのが一番確実な方法だと思います。

 

特に自己破産については、職業制限や資格制限など、申請するにはいくつかの条件があるので、まずはその条件にあなたが合致するのか調べてもらうことから必要になってきます。

 

債務整理に慣れている弁護士事務所なら、自己破産の申請はをすべて丸投げできるだけでなく、その流れで生活保護について相談してもいいのではないかと思います。

 

生活保護の専門弁護士ではないですが、自己破産の流れでそういった要望をする人も多いと思うので、自己破産の流れで話してみてもいいのではないでしょうか。

 

自己破産と生活保護を検討しているなら、まずは無料相談を利用して自分の借金の状況について話して見てはどうでしょうか。

 

自己破産と生活保護について弁護士事務所で相談

 

自己破産と生活保護についての弁護士の無料相談はこちら