任意整理のデメリットはどのようなことか

任意整理デメリット

任意整理の大きなデメリットは、交渉力がないと債務整理をする意味がないということです。任意整理とはどのようなものか知りたいならこちらを参考にするといいです。

 

任意整理は車や家などを処分せずに債務整理ができるというだけでなく、債権者を選んで交渉することが可能なので、かなり自由度の高い債務整理だという特徴があります。

 

ただ裁判所を通さないで手続きを行うので、民間同士で交渉しないといけないというデメリットがあります。

 

やはり国が関与しないので、しっかりと交渉が行われないと、債務整理を意味がなくなるような決着ないようで終わる可能性があるので注意が必要です。

 

任意整理は個人でも行うことができますが、個人で任意整理を行うと、借金をしている業者との交渉の際に相手にやりこめられてしまう可能性が高いです。

 

そういった意味では交渉力がないとデメリットが大きい債務整理方法だと思います。

 

他にも債務整理ならではのデメリットがあります。

任意整理で信用情報がブラックリストに掲載される

任意整理信用情報

任意整理に限らず、債務整理を行った際には、民間の信用情報にブラックリストとして掲載されるのが大きなデメリットの一つとしてあります。

 

このブラックリストは民間の信用情報で、金融機関がお互いに情報を共有しているので、5年から7年くらいは融資を受けることが出来なかったり、カードが作れなくなったりなどのデメリットが発生します。

 

これは任意整理に限ったデメリットではないですが、有名な債務整理のデメリットなので理解しておくといいと思います。

 

この信用情報のブラックリストは民間のものなので、公的には債務整理してもデメリットはないです。

 

別に免許が取れなかったり、パスポートが発行されないなどの公的な面での不利益はないので安心していいです。

 

信用情報のブラックリストも5年から7年くらいで消去される期間限定のデメリットなので、債務整理をしても人生に致命的なダメージになるということはないです。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金