任意整理のデメリットはどのようなことか

任意整理デメリット

任意整理の大きなデメリットは、交渉力がないと債務整理をする意味がないということです。任意整理とはどのようなものか知りたいならこちらを参考にするといいです。

 

任意整理は車や家などを処分せずに債務整理ができるというだけでなく、債権者を選んで交渉することが可能なので、かなり自由度の高い債務整理だという特徴があります。

 

ただ裁判所を通さないで手続きを行うので、民間同士で交渉しないといけないというデメリットがあります。

 

やはり国が関与しないので、しっかりと交渉が行われないと、債務整理を意味がなくなるような決着ないようで終わる可能性があるので注意が必要です。

 

任意整理は個人でも行うことができますが、個人で任意整理を行うと、借金をしている業者との交渉の際に相手にやりこめられてしまう可能性が高いです。

 

そういった意味では交渉力がないとデメリットが大きい債務整理方法だと思います。

 

他にも債務整理ならではのデメリットがあります。

任意整理で信用情報がブラックリストに掲載される

任意整理信用情報

任意整理に限らず、債務整理を行った際には、民間の信用情報にブラックリストとして掲載されるのが大きなデメリットの一つとしてあります。

 

このブラックリストは民間の信用情報で、金融機関がお互いに情報を共有しているので、5年から7年くらいは融資を受けることが出来なかったり、カードが作れなくなったりなどのデメリットが発生します。

 

これは任意整理に限ったデメリットではないですが、有名な債務整理のデメリットなので理解しておくといいと思います。

 

この信用情報のブラックリストは民間のものなので、公的には債務整理してもデメリットはないです。

 

別に免許が取れなかったり、パスポートが発行されないなどの公的な面での不利益はないので安心していいです。

 

信用情報のブラックリストも5年から7年くらいで消去される期間限定のデメリットなので、債務整理をしても人生に致命的なダメージになるということはないです。

 

任意整理に強い法律事務所は下記から参考にしてください。

 

任意整理に強い法律事務所のランキング