任意整理は利用者が一番多い債務整理方法!

任意整理債務整理

 

任意整理は債務整理方法の中でも一番利用者が多い債務整理方法になります。

 

借金返済で困った場合にはその人の経済状況によって最適な債務整理方法は違ってきますが、任意整理はどちらかということ借金返済の負担が重くない方向けの手続き方法ということもあり、利用者が多いです。

 

逆に個人再生や自己破産は借金の減額幅が大きいですが、その分だけ手続きが面倒で裁判所が関わってくるということもあり、気軽に利用しにくいということもあると思います。

 

任意整理は債権者と交渉することによって借金の返済条件を軽くするという債務整理方法なので、債務整理を利用して借金整理をする場合には一番に利用を検討する債務整理方法になります。

 

ここではそんな任意整理のメリットとデメリットについてわかりやすく解説しています。

 

 

任意整理でローンや借金を整理するメリット

任意整理メリット

 

任意整理を利用してローンなどの借金を整理する場合のメリットについてわかりやすくまとめています。

 

任意整理を利用することでどんな結果を期待することができるのかがわかるので、任意整理を利用する前に参考にしてください。

 

任意整理でローンや借金を整理するメリット
  • 借金の理由を問われない
  • 借金の取立てをストップできる
  • 借金の利息をカットし返済負担が軽減される
  • 自動車や持ち家等の資産を残すことができる
  • 整理する借金の対象を選べる
  • 家族に内緒で借金を整理できる
  • 官報に載らない

 

借金の理由を問われない

 

任意整理は借金理由を問われずに利用できるというメリットがあり、ギャンブルや浪費、株やFXなどの投資による借金が理由だったとしても利用することができます。

 

自己破産の場合はギャンブルや浪費、株やFXなどの投資による借金の場合だと、免責不許可事由に該当することになり、手続きが失敗してしまう可能性があります。

 

そういった意味では借金理由を問わずに利用できるというのは大きなメリットだと思います。人によって借金理由は様々だと思いますが、任意整理ならそういったことを考慮することなく利用できます。

 

借金の取立てをストップできる

 

任意整理を弁護士や司法書士に手続き依頼すると、受任通知が金融業者などの債権者に発送されることになり、そのことによって弁護士や司法書士が介入したことを知らせることになり、借金問題の窓口は弁護士や司法書士が受け持つことになります。

 

そのため借金した本人に直接借金の取立ては行われなくなるため、精神的にかなり楽になるのではないかと思います。

 

また弁護士や司法書士に手続きを依頼すれば、手続き期間中は借金返済の必要はないので、その間に生活を立て直すことも可能です。

 

借金の利息をカットし返済負担が軽減される

 

任意整理で借金を整理すると借金の利息をカットすることができるので、その分だけ返済負担が軽くなります。

 

借金の利息は年単位だと結構な割合になるので、利息がカットされるとそれだけ元本の返済が進むことになるので、借金返済のスピードもアップします。

 

また任意整理を利用すれば、毎月の借金返済額も少なくすることができるので、毎月の返済額を見直したいという場合にも利用しやすいと思います。

 

自動車や持ち家等の資産を残すことができる

 

任意整理なら自動車や持ち家のなどの高額資産をそのまま残しながら借金返済の負担を軽くすることができるというメリットがあります。

 

債務整理をすると資産が没収されてしまうと思っている方もいますが、それは自己破産の場合の話です。

 

任意整理なら自動車や持ち家などの資産があったとしても、それらを残したままで借金整理できるので生活への影響を小さくして手続きを行うことができます。

 

しかし、支払い途中のローンがあった場合に、そのローンを任意整理の対象にすると、その品物が没収されてしまう可能性があるので、手放したくないものがあるなら任意整理の対象から外しておくといいです。

 

整理する借金の対象を選べる

 

任意整理は個人再生や自己破産とは違って、借金整理する対象をこちらで選べるというメリットがあります。個人再生や自己破産は基本的に全ての借金が整理対象になってしまいます。

 

例えば生活に必要な自動車のローンを払っている場合に、個人再生や自己破産だとこれらのローンも整理対象になってしまうので、ローンを完済できないことになり自動車は没収されてしまいます。しかし任意整理なら自動車のローンを整理対象から除外して他の借金を整理できるので、ローン支払い中の自動車も残せるということです。

 

他にも連帯保証人などが設定されている借金だと、借金整理することで連帯保証人に請求が行くことになるので迷惑をかけることになります。

 

しかし任意整理ならこういった借金も整理対象から除外できるので連帯保証人にも迷惑をかけずに借金を整理できます

 

官報に載らない

 

個人再生や自己破産をすると国が発行する機関誌「官報」に名前が掲載されてしまいますが、任意整理は裁判所などが関係しない債務整理方法なので官報に名前が掲載されることはないです。

 

官報を見ている方は少ないと思いますが、官報に名前が掲載されることによって個人再生や自己破産したことが他の人に知られる可能性があるので、官報への掲載はデメリットになります。

 

しかし任意整理なら官報に名前が載らないのでそういった心配をする必要はないです。

 

家族に内緒で借金を整理できる

 

任意整理は裁判所が関係しない債務整理方法で、基本的には弁護士や司法書士などが債権者と交渉することで返済条件を軽くする手続き方法なので、外部に借金整理したことが知られる可能性が低いです。

 

そのため家族や会社に内緒の借金があるという場合に、任意整理で借金を整理するという方は少なくないです。

 

実際に任意整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所は、家族に内緒で手続したいという要望を伝えると、本人への連絡方法配慮して手続きしてくれたりするので、秘密裏に借金を整理することができます。

任意整理でローンや借金を整理するデメリット

任意整理デメリット

 

任意整理は上記のようにメリットの多い債務整理方法ですが、任意整理でも全くデメリットがないというわけではないです。

 

任意整理後に後悔しないためにも、手続きを検討しているならデメリットもしっかりと把握するようにしましょう。

 

任意整理でローンや借金を整理するデメリット
  • 大幅な借金減額はできない
  • 一定期間カードやローンを組めなくなる
  • 無職無収入だと利用が難しい

 

大幅な借金減額はできない

 

任意整理は借金の利息を免除したり、毎月の返済負担を軽くするという手続きが主体の債務整理方法なので、借金を元本からがっつりと減額するというのは難しいです。

 

そのため借金額が大きい場合には、任意整理を利用したとしても借金を完済することができない可能性があるということも考える必要があります。

 

任意整理はどちらかということ借金額がそこまで大きくない方向けの手続き方法なので、借金額が大きくて収入が少ないような場合には、個人再生自己破産などの元本を大幅に減額できる債務整理方法を利用したほうがいいです。

 

一定期間カードやローンを組めなくなる

 

任意整理だけではなく債務整理手続き全般に共通することなので、債務整理をすると信用情報がブラックリストに登録されることになり、一定期間クレジットカードが利用できなくなったり、ローンが組めなくなったりします。

 

信用情報とは借金履歴のようなもので、債務整理をするという事は金融業者側からすると金融事故ということになり、そういった情報は信用情報機関を通じて他の金融業者に共有されることになり、その結果として、クレジットカードが使えなくなったり、ローンが組めなくなったりします。

 

ただ一生カードやローンが利用できないというわけではなく、任意整理の場合だと5年くらい我慢すれば信用情報のブラックから解除されるので、それ以降は普通にカードやローンを利用できるようになります。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

無職無収入だと利用が難しい

 

任意整理は借金返済の負担を軽くすることはできますが、借金がゼロになるというわけではないので、任意整理後には残った借金を返済していくだけでの収入と安定した仕事が重要になってきます。

 

そのため無職無収入という状況だと、任意整理後に残った借金を返済していくのは困難だと思うので、無職無収入という状況で任意整理を利用するのは難しいと思います。

 

もし次の就職先が決まっていて収入のあてがあるようなら利用できる可能性はありますが、そうでないと任意整理の利用は厳しいと思ったほうがいいです。

任意整理は依頼した弁護士・司法書士に結果が左右される?

任意整理弁護士司法書士

 

任意整理が他の債務整理方法と決定的に違うのは裁判所が関係してないため、交渉結果がそのまま借金減額に反映されてしまうということです。

 

個人再生は借金額によってある程度の減額幅が決まっており、自己破産は裁判所から免責を得ることができれば借金返済の義務がなくなるなど、ある程度の減額の見通しが立ちます。

 

しかし任意整理はそういったものはなく、借金の利息が免除されるとか、毎月の返済負担が軽くなるなどの大まかな内容はわかりますが、具体的にどのような条件になるかということは債権者と交渉する弁護士や司法書士の手腕に左右されます。

 

任意整理に慣れてない弁護士や司法書士に依頼すると、交渉に失敗して相手が借金返済を求めて訴訟になってしまうということも考えられるので、任意整理を利用する場合には、他の債務整理方法よりも弁護士や司法書士選びには慎重になったほうがいいです。

まとめ

任意整理メリット・デメリットまとめ

 

任意整理は借金理由を問われずに家族や会社に内緒で借金を整理できるなど色々なメリットのある債務整理方法です。

 

一方で借金の減額幅が大きくないため、無職や無収入という経済状況だと、利用したとしても借金を完済できない可能性があるので注意が必要です。

 

任意整理は依頼費用も他の債務整理方法と比べるとかなり安く料金から利用することができるので、借金返済の負担が気になるなら十分に利用候補になる手続き方法です。

 

ただ債権者との交渉で返済条件を合意する必要がある債務整理方法なので、任意整理の交渉に慣れている弁護士や司法書士でないと手続きが上手くいかない可能性もあります。

 

当サイトでは任意整理を含めた債務整理手続きに強い弁護士や司法書士をまとめています。載せている弁護士や司法書士は無料相談に対応しているので、まずは気軽に無料相談を利用してはどうでしょうか。

 

メールや電話で気軽に借金問題を相談することができるので、借金返済に困っているなら一度話を聞いてみるのもいいと思います。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理方法から選ぶ

過払い金
任意整理
個人再生
自己破産

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

債務整理費用料金安いボタン
債務整理分割払い後払い
債務整理電話相談無料
債務整理土日深夜無料相談

債務整理する理由や状況から選ぶ

カードローン・キャッシング
クレジットカード
無職・無収入
母子家庭
ギャンブル
株式投資・FX
サラ金
闇金
奨学金
養育費・慰謝料
自動車ローン
家賃滞納
転職・就職
教育ローン
不動産投資
病気・ケガ
医療ローン
公共料金
損害賠償金
税金滞納
ゲーム課金
個人間借金