過払い金返還請求にデメリットはあるのか?

過払い金デメリット

過払い金返還請求を行う際に一番気になるのがどのようなデメリットがあるかということではないでしょうか。やはりどんな手続きにもデメリットやメリットがあるので、手続きを行う前にある程度のメリットやデメリットを理解しておくことが大事になって来ます。

 

過払い金は制限利息をオーバーしている分が戻ってくるというものなので、制限利息内で貸付を行っている業者から借りている場合には過払い金は発生しないです。

 

例えば銀行カードローンや信用金庫、労金やJAなどの元々低金利で貸しているようなところだと過払い金は発生しないと思ったほうがいいです。

 

そのためまずは自分の借金が過払い金に該当するのか調べる必要があるのですが、この過払い金返還請求は完済後10年までしか請求できないというデメリットがあります。

 

つまり過払い金が請求できる期限があるというデメリットがあるので覚えておきましょう。いわゆる時効というやつでしょうかね。

他にも過払い金返還請求にはデメリットがあるのか?

過払い金デメリット相談

過払い金返還請求は既に完済済みの場合には、請求してもブラックリストには掲載されないですが、返済中の過払い金返還請求の場合には信用情報のブラックリストに掲載されてしまうというデメリットがあります。

 

ただ返済中の過払い金返還請求でも、過払い金によって借金がなくなるような場合ならブラックリストに掲載されることはないです。

 

過払い金請求を行っても残債が残る場合には債務整理をおこなった場合と同じように信用情報がブラックリストに掲載されてしまいます。

 

そのため過払い金返還請求によってどれくらいの金額が戻ってくるのか確認してどうするのか検討するようにするといいです。

 

まずはしっかりと過払い金があるかどうか確認するようにしましょう。

 

過払い金返還請求のデメリットはこれくらいでしょうかね。まずは過払い金返還請求の期限が心配なので、調べるだけでも調べることが大事だと思います。

 

過払い金の対応に最適な法律事務所は下記から参考にしてください。

 

過払い金を調べるなら債務整理に強い弁護士事務所の無料相談

TOPへ