ギャンブルによる借金は債務整理できるのか?

競馬パチンコ債務整理画像

 

競馬や競艇、競輪やオートレース、パチンコ、パチスロなどのギャンブルによって借金を作ってしまい、多重債務状況に陥ってしまって返済が難しい状況になってしまったという方は多いです。

 

ギャンブルによる借金というのは典型的な借金理由の一つで、カジノができるということも考えると今後はギャンブルによる借金はさらに増えていくのではないかと思います。

 

ギャンブルにル借金は深刻で、人によってはギャンブルの借金によって家族にまで迷惑をかけているけどやめられないというギャンブル依存症の方もいます。

 

そんなギャンブルによる借金ですが、債務整理によって返済負担を軽くすることができます。借金問題で自殺を考える人もいる現代ですが、借金問題は基本的には人知の及ぶ範囲の問題なので人の力によって解決することができます。

 

ギャンブルによる借金は典型的な借金問題の一つなので債務整理を扱っている法律事務所に相談するとあっさりと解決したりします。

 

ではギャンブルによる借金を債務整理する場合に、どのような債務整理方法を利用することが考えられるのでしょうか?

 

ギャンブルによる借金の債務整理方法を解説

競馬パチンコギャンブル借金は債務整理できない画像

 

借金問題で苦しんでいるけど、借金している理由が競馬やパチンコ、競艇やオートレースのようなギャンブルが理由では「債務整理できないのでは?」とあきらめている人って結構多いです。

 

またギャンブルによる借金の場合だと、債務整理によって借金を踏み倒すことに罪悪感を感じる人もおり、なかなか債務整理に踏み切れないという人も多かったりします。

 

ただギャンブルによる借金だったとしても返済の見込みがないなら早めに債務整理して再出発を目指した方が建設的です。

 

そこでギャンブルによる借金を債務整理する場合の債務整理方法について、任意整理、個人再生、自己破産に分けて説明します。

 

任意整理

 

任意整理は消費者金融などの借金している業者と直接交渉して借金の減額や利息の免除を交渉する債務整理方法になっています。

 

任意整理の場合には借金の理由については問われないので、投資やギャンブルや浪費などによる借金の場合でも普通に債務整理することが可能になっています。

 

任意整理は債務整理方法の中でも一番利用されている手続き方法で、弁護士に依頼した場合の弁護士費用も一番安いので、利用しやすい債務整理方法だと思います。

 

また家族に内緒で手続きできるというメリットもあるので、家族にギャンブルによる借金が返済できなくなってしまったことを隠したい場合もりようできます。

 

参照:任意整理について

 

個人再生

 

個人再生は裁判所と交渉して、法定金額に沿った減額幅で借金を整理する方法になります。

 

個人再生は任意整理よりも借金の減額幅が大きい債務整理方法になっており、最大で借金の9割が免除されるという強力な債務整理方法になります。

 

この個人再生も借金の理由を問われずに債務整理することができるので、投資やギャンブルや浪費などが原因の借金でも債務整理することができます。

 

借金の減額幅が大きいので、借金額が大きくて自己破産せずにギャンブルによる借金問題を解決したいという方におすすめです。

 

参照:個人再生について

 

自己破産

 

自己破産は言わずと知れた債務整理の王様のような存在で、借金が全額免除される債務整理方法になります。

 

自己破産は借金が全額免除されるという強力な債務整理方法なので、借金の理由がギャンブルの場合には免責不許可事由に該当するので、借金が免責されない可能性があります。

 

ただ裁判所の裁量免責によって、借金の状況次第ではギャンブルによる借金だったとしても認められる可能性があります。

 

この辺りは弁護士の力が必要になってくると思っていいと思います。 自己破産の場合はギャンブルが借金理由の時は、必ず債務整理が認められるというわけではないので注意しましょう。

 

参照:自己破産について

ギャンブルによる借金に向いている債務整理方法をケース別に解説

ギャンブル最適な債務整理方法

 

競馬や競艇、競輪やオートレース、パチンコなどのギャンブルによる借金でも上記のように債務整理を利用することができるということが分かったと思いますが、具体的にギャンブルによる多重債務に向いている債務整理方法はどの手続き方法なのでしょうか?

 

結論から言ってしまうとその人の借金状況によって最適な債務整理方法は違ってきます

 

とは言っても簡単な目安くらいは私の私見で解説していこうと思います。

 

ギャンブルによる借金額が軽くて仕事がある場合

 

ギャンブルによる借金額がそこまで重くなくて、借金返済の条件や利息などがなくなれば完済することが可能というような場合には任意整理を利用するといいです。

 

任意整理は借金理由が問われない債務整理方法なので、ギャンブルによる借金だったとしても普通に任意整理によって借金負担を軽減することができます。

 

任意整理なら依頼料金も安く、手続きも他の債務整理方法と比べると負担が小さいので利用しやすいと思います。

 

ギャンブルによる借金額が軽くて仕事がない場合

 

ギャンブルによる借金額が小さくて仕事がないような場合は、自己破産したほうがいいかと思います。借金額が軽くても、仕事がないと返済できるあてがないということになるので、借金返済の義務がなくなる自己破産しか方法がないと思います。

 

ただ新しい仕事を見つけられる見込みがあるような場合は任意整理の利用も検討するといいかと思います。

 

ギャンブルによる借金額が重くて仕事がある場合

 

ギャンブルによる借金額が大きいけど、仕事はあるというような場合には個人再生による債務整理手続きの利用を検討するといいと思います。

 

個人再生は自己破産の次に借金減額幅が大きい債務整理方法で、借金理由を問われない債務整理方法で、自己破産ほどデメリットが多くない債務整理方法なので利用候補になります。

 

ギャンブルによる借金額が重くて仕事がない場合

 

ギャンブルによる借金額が大きくて仕事がない場合には、自己破産しか方法はないです。自己破産は借金理由によっては利用できない可能性のある債務整理方法ですが、仕事がなくて借金額が大きい場合には認められる可能性が高いです。

 

自己破産を利用することでギャンブルによる大きな借金を清算することができるので、早めに専門家である弁護士や司法書士に相談したほうがいいです。

 

簡単にまとめると、ギャンブルによる借金では、仕事がある場合には任意整理や個人再生の利用を検討するようにして、仕事がない場合には自己破産を検討するというのが良いかと思います。

 

ただあくまでもざっくりした私の私見なので、具体的にどの債務整理方法を利用するかについては、専門家である弁護士や司法書士の無料相談を利用してから決めるといいです。

債務整理後に信用情報がブラック状況になることも利用しよう

債務整理後ギャンブル

 

ギャンブルによる借金は債務整理によって返済負担を軽くしたり、返済義務を免除してもらうことができますが、このような都合の良い手続き方法を何のデメリットもなしに利用できるわけではないです。

 

具体的に全ての債務整理方法に共通するデメリットとして「信用情報がブラックリストの登録される」というデメリットがあります。

 

金融機関は信用情報機関に登録しているのが普通で、信用情報機関のデータベースなどを参考にして融資などの与信審査を行ったりしています。そのためその信用情報のデータベースにブラックリストとして登録されると、債務整理したことを知られてしまい与信審査に通らず、ローンや借金をすることができなくなります

 

債務整理をすると、結果的に借金を合法的に踏み倒すことになるので、これくらいのデメリットは仕方ないことだと思います。

 

またこのブラックリスト登録も、多くの場合は5年程度で解除されるので、ずっとローンや借金ができなくなるというわけでもないです。

 

さらにブラックになることで借金ができなくなるので、これまでの借金が当たり前だった生活からの抜け出すきっかけにもすることができます。

 

このデメリットを、ギャンブルによる借金が当たり前の生活から抜け出すことに利用すると良いと思います。

ギャンブル依存症の場合は債務整理後も注意!

債務整理後ギャンブル依存症

 

債務整理後は返済負担が軽くなるということもあり、安心する人も多いですが、ギャンブル依存症の場合は、借金の負担が軽くなったということで、新たにまたギャンブルをしようとするケースがあるので注意が必要です。

 

特にギャンブル依存症の場合には債務整理後に下記のような対策方法を考えることが重要だと思います。

 

債務整理後のギャンブル依存症対策
  • ギャンブル依存症はカウンセリングによる治療を!
  • ギャンブルから離れる生活が重要
  • 闇金から借金しないようにしよう!

 

ギャンブル依存症はカウンセリングによる治療を!

 

ギャンブル依存症は完全に治ることはないのでなかなか対策することは難しいですが、カウンセリングなどを受けて問題意識を持つことは非常に重要です。

 

特にギャンブルで債務整理するくらい借金を作ってしまったような方の場合は、かなり重度のギャンブル依存症の可能性があるので、しっかりと心療内科に相談したほうがいいです。

 

自分だけで何とかしようとすると失敗する可能性が高いので、債務整理をきっかけにして一度は専門家に相談するといいと思います。

 

ギャンブルから離れる生活が重要

 

ギャンブル依存症を抱えている場合には、当たり前ですがギャンブルから離れる生活をすることが重要になってきます。

 

債務整理をすることになると、少なからず債権者に迷惑をかけることになるので反省の気持ちも出てくると思います。その気持ちを忘れずにギャンブルから離れた生活を心がけて、二度とギャンブルに近づくようなことを考えないようにすることが大事です。

 

幸いなことに、債務整理のデメリットによって最短でも5年間は信用情報のブラックリストによって、簡単に借金できない状況になるので、このチャンスを生かしましょう。

 

闇金から借金しないようにしよう!

 

ギャンブル依存症後の最悪の結末は闇金から借金してしまうということです。

 

債務整理後はブラックリスト登録のため正規の金融業者から借金することができないので、借金することしたら闇金などの非正規の金融業者からになります。

 

せっかく借金を制限できるブラックリストですが、どうしても我慢できずに借金してギャンブルをしたくなってしまった場合には闇金しか貸してくれるところはないです。

まとめ

ギャンブル債務整理まとめ

 

パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブルによる借金問題を抱えている場合で、返済することが難しい状況においこまれてしまったら債務整理によって借金問題を解決することができます。

 

任意整理や個人再生は借金理由が問われないので普通に債務整理手続きをすることで、借金の減額が可能ですが、自己破産はギャンブルによる借金は免責不許可事理由に該当するので通常は自己破産することができません。

 

しかし裁判所が裁量免責を出してくれればギャンブルによる借金でも自己破産することができます。

 

そのため裁判所で裁量免責を出してもらうためにも、債務整理の経験が豊富な弁護士に手続きを依頼することが非常に重要です。債務整理手続きの多くは弁護士がやってくれるので、弁護士の手腕によって結果が左右される可能性は十分に考えられます。

 

当サイトでは自己破産を含めた債務整理に強いおすすめ弁護士・司法書士を比較して下記で都道府県別にまとめているので気軽に無料相談を利用して、ギャンブルによる借金整理について話を聞いてはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても債務整理は可能です!
債務整理は手元にお金がなくても手続き可能なので借金返済で悩んでいる場合には、まずは弁護士・司法書士の無料相談を利用するといいです。下記から都道府県別に借金問題の相談を無料で行っている法律事務所をまとめているので参考にしてください。。

債務整理が得意な弁護士・司法書士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県