任意整理で口座を差し押さえられるのか?

任意整理口座差し押さえ

任意整理によって口座が差し押さえられるのではないかと心配になっている人も多いのではないでしょうか。

 

債務整理方法の中の一つである任意整理は、債務整理の中でも一番頻繁に行われている債務整理方法になっている、裁判所を通さずに出来るので一番手軽に出来る債務整理方法です。

 

そのため債務整理で任意整理を行う人も多いですが、その際に任意整理をすると口座を差し押さえられるのかという疑問が結構あります。

 

具体的にどのような任意整理を行うと口座差し押さえがされるのか説明しようと思います。

 

例えば銀行口座でカードローンを使っており、そのカードローンが任意整理の対象になると口座が凍結される可能性があります。

 

とは言っても借金とは関係ないような口座は差し押さられることはないので、普段から引き落としなどに使っている口座が債務整理の対象になっているのならあらかじめ口座を変更しておくといいです。

 

また任意整理で和解が成立すると口座の差し押さえが解除されるのでそこまで心配しなくていいと思います。

 

任意整理で口座を差し押さえられない方法

任意整理口座差し押さえられない

任意整理で口座を差し押さえられないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

やはり人によってはカードローン等を使っている口座が差し押さえられると困るという人もいます。しかし任意整理の場合だと口座を差し押さえられないようにする方法もあります。

 

任意整理で口座を差し押さえられない方法非常に簡単で

 

任意整理の対象からその口座を外す!

 

これだけで口座を差し押さえられることを防ぐことができます。任意整理は他の債務整理とは違って債務整理の対象になる借金を選ぶことができるので、どうしても口座を差し押さえられたくないなら、対象の口座を任意整理の対象から外す必要があります。

 

人によって状況が違うと思いますので、一概には断定できないですが、まずは任意整理の無料相談を受け付けている当サイトで載せている任意整理法律事務所に相談してみてはどうでしょうか。

 

任意整理に強い法律事務所は下記から参考にしてください。

 

任意整理に強い法律事務所のランキング