債務整理後にはデメリットも残る

債務整理後デメリット

債務整理後にデメリットがあるということは、債務整理をする前にしっかりと押さえておきたいところだと思います。

 

債務整理は借金が減額されたり、場合によっては借金がゼロになるという究極の借金返済方法なのですが、こうした制度にもデメリットはあります。やはりこれだけ強力なメリットがある制度なので、まったくのデメリットなしで利用できるということはないです。

 

まず知っておきたいことは債務整理をしても税金は残るということです。

 

債務整理をしても税金に影響はない

 

債務整理をするとあらゆる借金が免除や減額されるのではないかと思っている人もいますが、実際には税金は免除されないのが現実です。意外と盲点なんですが、税金の場合は遅延損害金は免除してもらえますが、遅れてしまった税金の元本部分は支払う必要があります。

 

私もこのことを知らなくてかなり税金の支払いで困ったことがあります。どの金融機関よりも怖いのはやはり国ですね。

 

税金はできるだけ優先的に支払っていくことが大事になります。

債務整理後にカードを作れないというデメリットがある

信用情報ブラックリスト

債務整理後にはデメリットがありますが、税金が免除されない以外にも、信用情報がブラックリストに掲載されるというデメリットがあります。

 

信用情報がブラックリストに掲載されるとカードが作れなかったり、ローンを組むのが難しくなるというデメリットがあります。まあ、このブラックリスト掲載のデメリットは数年間我慢すれば自動的な削除されるので、期間限定のデメリットです。

 

基本的には債務整理後5年間はブラックリストに掲載されるので、そのあたりは覚悟しておきましょう。

 

ブラックリストとは言っても基本的には民間の信用情報なので、債務整理をしても公的な影響はほとんどないです。普通にパスポートも作れるし、債務整理をしても公的には大きなデメリットはないので安心してください。

 

債務整理を検討しているなら下記から

 

債務整理に強い法律事務所はトップページから