任意整理

任意整理の方法

任意整理は、弁護士が金融会社と1社ごとに返済の交渉を行う手続きです。

まず、任意整理事件を受任した弁護士は、
①  債権者に対して取引履歴の開示を求めます。
②  開示を受けた取引履歴を、利息制限法に定められた利息で計算をやり直します。
業者が利息制限法に定められた利率を超える利率で貸し付けていた場合には、払い過ぎの利息を元本に順次充当していきますので、元本債務を大幅に減少できることがあります。
払いすぎになっている場合は、業者に対して利息の返還請求を行います。
③  その上で、債務が残る場合は、原則として、残元本債務のみを、5年以内に支払う分割での和解をします(大部分の業者については将来の利息の免除を受けます)。
④  債務が残らず、払いすぎになっている場合は返還交渉を行います。交渉で合意できない場合は、返還請求訴訟を提起します。

任意整理事件及び過払い返還請求事件については、地域を問わず、受任が可能です。
また、お電話での無料法律相談も受付けています(他の事件は原則として来所頂く必要があります)

任意整理の弁護士費用

個人再生に必要な費用は、弁護士費用、裁判所におさめる予納金、郵券代等の実費です。

当事務所の個人再生事件の弁護士費用は、
住宅資金特別条項なし:30万円
住宅資金特別条項あり:40万円

↑ PAGE TOP